麻雀散歩

一昔前迄と異なり昨今は広く市民権を得た麻雀
そんな麻雀の知識・小ネタ・アラカルトをご紹介

News

入門者・初心者向け!麻雀のゲームの流れや基礎的な用語を徹底解説

麻雀はアジア圏を中心に浸透していて、日本ではプロリーグが存在するほど人気のゲームです。 話題になることが多い一方で、麻雀に触れたことがない人や興味を持ったばかりの初心者はゲームのルール、流れなどもわからないことが多くなります。 大まかな流れを掴めば、多少知識が追いつかなくてもゲームの観戦や、ネット麻雀などを楽しめるようになるため、基本的流れや用語を解説していきます。 麻雀は4人順番に牌を引いて役を作るか牌を引き切って勝敗を争うゲーム 麻雀は牌(ハイ)と呼ばれる四角い駒を使って遊んでいきます。 牌にはそれぞれ絵柄や数字が刻まれていて、組み合わせて役を作っていきます。 一番初めに役を作ってあがる人が出るか、場の山にある牌をルール上必要な14枚を残して引き切ったら1局の終了です。 後は4人で一番最初に牌を引く親を決め、親を交代しながら局を繰り返し、全てのプレイヤーが指定の回数をこなしたら試合が終了します。 中国では麻雀は4人のプレイヤーが4回ずつ親を務め、基本16局を打つ一荘戦(イーチャンセン)が主流です。 一荘戦はどうしてもゲーム時間が長くなってしまうため、日本ではその半分基本8局を打つ半荘(ハンチャン)が定着しました。 基本16局、基本8局となっているのは、特定の条件が重なると局数が増えたり、減ったりする場合があるためです。 詳しくは後述しますが、全ての局が終わったら合計点を計算し、順位が決まるのが麻雀です。 基本的な麻雀の流れ 麻雀で最初にやることは、座る席を決めることです。 これは最初に牌を引く親が決まった後に、どこに座っているかで親が回ってくる順番に影響するからです。 また、最初に牌を引く親と、そのほかのプレイヤーである子(コ)では、役が出来た時の配点にも影響が出ます。 親と子では狙いたいあがり方、他のプレイヤーにあがられたときのリスクが異なるため、戦術にも影響が出てくるのです。 席が決まったら、プレイヤー全員で裏返して絵柄が分からない牌をかき混ぜて、どの牌がどこにあるかわからない状態にします。 麻雀では洗牌(シーパイ)と呼びまれますが、トランプなどのカードゲームで行われるシャッフルと同じ行為です。 麻雀は34種各4枚、合計136枚の牌を使って遊びます。 それぞれのプレイヤーの前に34牌を上下2列になるように揃え、決められた場所と順番で親が14枚、子が13枚になるように牌を引いてゲームスタートです。 麻雀店ではイカサマ防止などを含めて自動で牌をかき混ぜ、配るまでを行ってくる全自動麻雀卓が普及しており、ネット麻雀やアプリ等では自動で席や親まで決まるため意識されない部分でもあります。 親は役を作るのに不要な牌を1牌捨て、反時計回りに各プレイヤーが山場から牌を引き、不要な牌を捨てていくことになります。 14牌で役を作れたら上がりで、山場の牌を引き切るまで誰も役を作れなかったら1局が終了し、親が交代することになります。 ただし、親が最初に上がった場合は連荘(レンチャン)と呼ばれる、同じ親が続けて局を打つ状態になります。 また、あと1牌で役が出来る状態になっていることを聴牌(テンパイ)と呼び、山場の牌を引き切った後に親のみが聴牌状態であるなど、一定の条件を満たすと親が変わらずもう1局打つことになります。 麻雀で終了までの局数が変わる場合があるのは、連続で親が続き、局数が増える可能性があるからです。 麻雀は、それぞれのプレイヤーが最初に決めた親の回数をこなせば終了となりますが、持ち点がマイナスになったプレイヤーが出た時点で終了となるルールが採用される場合もあります。 麻雀は最初に25,000点ずつが配られ点数を奪い合うゲームで、マイナスになったら勝負がついたとみられるからです。 全ての局を打ち終わるか、持ち点がマイナスになったプレイヤーが出た時点でそれぞれのプレイヤーの持ち点を計算し、持ち点が高い人順に順位が決まります。 持ち点がマイナスになっても続けるルールもありますが、ネット麻雀やアプリなどではあまり採用されないのがポイントです。 麻雀の基本用語を覚えることも大切になる 麻雀はそれぞれ山場から牌を引き、役を作っていくことにあります。 ただし、専門用語が多く、牌を引く順番が変わるルールなどもあるため、それぞれの用語と関連ルールを覚えていくことも重要です。 席順の名称 まず、親が座る席のことを東家(トンチャ)と呼び、反時計回りに南家(ナンチャ)、西家(シーチャ)、北家(ペーチャ)と座る席で呼び方が決められています。 太陽は東から上り、昼は南に、夕方は西に、夜は北を回って東に戻っていくため、麻雀も太陽の動きを真似するようにそれぞれの手順と親の順番が回っていく仕組みです。 自分以外のプレイヤーを他家(ターチャ)、左手を上家(カミチャ)、対面を(トイチャ)、右手を下家(シモチャ)とも呼びます。 上がりについて 麻雀は14牌で役を完成させた時にあがりとなりますが、他家が捨てた牌を拾ってあがることを栄和(ロンホー)略して「ロン」と呼び、自分で引いた牌で上がることを自摸和(ツモホー)略して「ツモ」と呼びます。 ロンの場合は牌を捨てた人から出来た役に合わせた点数を奪い、ツモの場合は他のプレイヤーからそれぞれ点数を奪って自分の点数にすることが出来るのがポイントです。 また、誰かが役を作ってあがることを和了(ホーラ)と呼びます。 「鳴き」について 麻雀は他家の捨て牌がロンなどのゲーム終了に繋がる可能性があるため、捨てる牌を慎重に選ぶ必要があります。 他にも、他家の捨てた牌を使って役を作る行為に、ポン、チー、カンがありますが、日本の常用漢字が使われないためカタカナ表記になるのが一般的です。 『ポン』は同じ牌が3つ揃う時に宣言でき、捨て牌を拾って自分の役作りに使うことができます。 3枚同じ札が牌を揃うことを刻子(コーツ)と呼び、牌の数字が3つ順番に並んだ状態を順子(ジュンツ)と呼びます。 刻子と順子を4セットと、同じ牌2種を揃えるのが初心者にもわかりやすい役作りの方法です。 『チー』は上家(自分の左手のプレイヤー)の捨て牌で順子が出来るときのみ宣言できます。 『カン』は同じ牌が手元に3つあり、4つ目の牌が捨てられた時のみ宣言が可能です。 ポン、チー、カンをする行為をまとめて「鳴き」「鳴く」と呼びます。 鳴いた後は牌を一つ捨てる(カンの場合は山場から牌を一枚補充してから捨てる)必要があり、プレイヤーが牌を引く順番が変わるケースがあります。 ただし、鳴いてしまうと作れない役も存在するため、鳴いて早めに役を揃えるのか、鳴かずに高い役を狙うのかも駆け引きの要素になっているのです。 鳴いて作った刻子や順子は表にして場に置かなければいけないため、どのような役を作っているか読まれる恐れがあるというリスクもあり、麻雀のゲーム性に深みを与えています。 特別なルールや専門用語は多いが一般的にはあまり使わないものも多い 麻雀の基本的な流れや基本的な用語を覚えてしまえば、観戦やネット麻雀などを楽しめるようになります。 麻雀は中国から渡ってきたため専門用語も多くなりますが、最初から全てを覚える必要はありません。 麻雀卓も自動化された機能付きの物が増え、アプリなどのゲームの普及で知らなくても問題がない用語も多数存在するからです。 興味がわいてきたら少しずつ覚えていくのがおすすめで、アプリなどで覚えたから知らない用語や役があるという人も珍しくありません。 調べて覚えるかも人によって違い、気軽に麻雀を楽しめる位の知識で遊んでいる人も多いのです。

  • 2024年02月07日

麻雀の初心者・ネットやアプリで遊ぶ人のための点数計算入門マニュアル

はじめに 麻雀はゲーム開始時に各プレイヤーに25000点の持ち点が与えられ、点数を奪い合うゲームです。 出来上がった役や、ドラと呼ばれるボーナス要素によって点数が変わってくるため、いかに得点が高い役を作るか、安い手でも他のプレイヤーを上がらせないかが重要です。 ただし、麻雀の点数の計算式は複雑なため、完璧に覚えようとするとどうしても時間がかかります。 まずは基礎から覚えるための、入門的な情報をまとめました。 親か子の関係と翻(ハン)と符(フ)を覚えるのが基本になる 親か子か 麻雀は最初に牌を引く親と、その他プレイヤーの子が3人います。 親はあがったときに子の1.5倍の点数が与えられるかわりに、子にツモであがられたときに多くの点数を支払う必要があります。 具体的には、子がツモであがった場合、点数の半分を親が払い、残りの子が1/4ずつを支払います。 親は点数にボーナスを貰える代わりに、他の子がツモであがったときのリスクが高くなるのです。 翻について 翻(ハン)は役とドラに対して与えられるもので、配点が大きくなっているのが特徴です。 ドラは場によって変わるボーナス牌で、ドラを含む役を揃えると翻が加算されます。 符(フ)はあがり方や、面子(メンツ)の揃え方、雀頭(アタマ)、聴牌状態でどの牌を待っていたかで変わります。 麻雀は14枚の牌で役を作っていきますが、役ごとに与えられる翻の数が異なり、複数の役が含まれている場合や、ドラを含む牌で上がった場合は翻数が増えていきます。 符はどちらかとボーナス要素に近いものがあり、自力で牌を揃えてロンで上がったり、揃えるのが難しい面子を作ったりしていくと符の数が増える仕組みです。 具体的な計算式は子の場合は符×4×2の翻数乗、親は符×6×2の翻数乗になります。 翻が増えると2乗、3乗とどんどん数字が増えるため、数千点、場合によっては万を超える点数が出ることがあるのです。 また、計算が複雑にならないように、点数計算時に符の下1桁は切り上げる、計算結果で下2桁が出た場合は切り上げて100点単位で計算するようになっています。 ネット麻雀やアプリでは自動で計算されるため、まずはどのような役、牌の揃え方で翻や符が増えるかを覚えていくのがおすすめです。 翻が増えると高めの役になる また、手牌で複数の役と符が揃い、合計が8000点以上になった場合は端数を切り捨てる満貫(マンガン)、12000点の跳満(ハネマン)、16000点の倍満(バイマン)、24000点の3倍満(サンバイマン)、32000点の数え役満(カゾエヤクマン)になる場合があります。 これとは別に特殊な役で親は48000点、子は32000点になる役満(ヤクマン)があり、役満が出ると点数がマイナスになるプレイヤーが出て、その時点でゲームが終了する場合があるのもポイントです。 リアルの麻雀では点数棒を使って点数を記録しつつ、ゲーム終了時にそれぞれの合計点を計算して最終的な順位が決まります。 翻の数え方はどの役がどの翻数を与えられることか知ることから 翻は役ごとに1翻から6翻まで与えられる翻数が異なり、複数の役が揃った場合はさらに点数を伸ばすことが出来ます。 一番わかりやすいのが、一度も鳴かずにツモをした時の門前清自摸和(メンゼンチーツモホー)で、略してメンゼンツモ、単純にツモと呼ばれます。 ポンやチーなど鳴かずに自分が引いた牌だけで完成させられる役で、1翻が与えられるため狙う人が多いのが特徴です。 鳴かずにロンをした場合でも門前ロンとして10符が与えられます。 また、立直(リーチ)をして上がった場合も1翻が与えられ、立直から自分の手順まで1順以内に上がった場合は一発(イッパツ)という1翻が貰えます。 ポンやチー、カンなど途中で鳴かれると成立しなくなりますが、ツモであれ、ロンであれ高得点を狙いやすくなるのです。 ただし、立直をしてしまうと捨て牌が固定されること、今までの捨て牌からどんな役を狙っているかわかりやすくなってしまうというデメリットもあります。 他にも白(ハク)、發(ハツ)、中(チュン)の三元牌、自分が座っている場に該当する東西南北(トンナンシャーペー)の自風牌(ジカゼハイ)、東場南場など場で決まる場風牌(バカゼハイ)の刻子(コーツ)、槓子(カンツ)を作った場合も1翻貰えます。 最大の6翻が貰えるのが、雀頭と四組の面子構成全ての組み合わせを萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)で揃えた清一色(チンイーソー)です。 ポンやチーなどで鳴いた場合は5翻に下がるものの、かなり得点が高くなります。 揃えやすい役を狙って早めに上がるのか、翻や符が増えるように調整するのか、最初から大きな翻を与えられる役を狙うのか、最初に配られた手牌を見つつ考えることになります。 概ね揃えるのが難しい役ほど与えられる翻の数も増えますが、一部非常に低い確率でしか出せないにも関わらず翻数が低い役が存在するのもポイントです。 また、ドラはあがったときに、該当する牌が1枚あれば1翻、2枚あれば2翻と増えていきます。 符で加点を狙いに行くのも重要になってくる 符は面子や聴牌時の待ちの状態で与えられるものです。 基本的に成立させるのが難しいものほど与えられる符が大きいのは翻と同じです。 まず、あがると必ず貰えるのが副底(フーテイ)で、20符を貰うことができます。 鳴いてのロンの場合符はつかず、鳴いてツモで上がった場合は2符、鳴かずにロンで上がった場合は10符が与えられます。 鳴けばそれだけ自分の欲しい牌を引きやすくなりますが、あがったときの点数は下がる場合が多いのです。 面子は、順子(ジュンツ)では符が付かず、刻子の状態によって与えられる符が変わってきます。 一と九が刻まれた字牌は老頭牌(ロートーハイ)、日本では一九字牌(イチクジハイ)と呼び、二から八までの字牌を中張牌(チュンチャンパイ)と呼びます。 ポンで表に出た中張牌は2符、一九字牌は4符、ポンを使わずに作った中張牌は4符、一九字牌は8符などそれぞれ割り当てが異なります。 槓子(カンツ)の場合も、鳴いた中張牌は8符、鳴いた一九字牌は16符、鳴かずに使った中張牌は16符、鳴かずに作った一九字牌は32符です。 他にも役牌が頭だと2符、後1牌で上がれるという状態で1種しかあがれる牌がないという場合は単騎待ちで2符が追加されるなどあがりかたでも符が追加されます。 そして重要なのが、符は下1桁を切り上げて計算することです。 下一桁まで計算してしまうと計算が難しくなるため、少しでもシンプルに計算できるようにしているのです。 オーソドックスな計算法以外にローカルルール等が加わることもある 今まで解説してきたのは、オーソドックスな点数の計算方法です。 麻雀に不慣れな頃は役の翻や符の数字を確認しつつ、早見表を使って点数を出すのが一般的です。 他のベテランの人が点数計算を行ってくれる場合もあります。 もちろん、ネット麻雀やアプリでは自動で点数を計算してくれるため、加点要素が高い牌を狙うなど戦術だけに集中できます。 一方で、リアルの麻雀ではローカルルールや時代の変遷があり、端数を切り上げではなく四捨五入で計算する場合や、あがっただけで2翻追加するルールが採用されていた時代もありました。 現代麻雀ではあがっただけで2翻追加するルールは省略されることが多い他、プロリーグではみなし満貫といって満貫に近い点数が出た場合は8000点とする場合があるなど、場によって計算が若干変わってくるのです。 近年は符の計算を簡略化したルールの採用も広がっていて、より気軽に遊べるようになっており、時代に合わせて進化しているのです。

  • 2024年02月02日

<< 過去の記事はこちら

オンラインカジノTips