カジノをすぐに始めたい・稼ぎたい方必見
誰でもカジノで稼ぎ易くなるコツを徹底紹介

Online Casino Tips
Online Casino Tips
object(WP_Query)#413 (55) { ["query"]=> array(2) { ["paged"]=> string(1) "2" ["tag"]=> string(49) "tips%E6%94%BB%E7%95%A5%E6%B3%95%E3%83%A9%E3%83%9C" } ["query_vars"]=> array(65) { ["paged"]=> int(2) ["tag"]=> string(49) "tips%e6%94%bb%e7%95%a5%e6%b3%95%e3%83%a9%e3%83%9c" ["error"]=> string(0) "" ["m"]=> string(0) "" ["p"]=> int(0) ["post_parent"]=> string(0) "" ["subpost"]=> string(0) "" ["subpost_id"]=> string(0) "" ["attachment"]=> string(0) "" ["attachment_id"]=> int(0) ["name"]=> string(0) "" ["pagename"]=> string(0) "" ["page_id"]=> int(0) ["second"]=> string(0) "" ["minute"]=> string(0) "" ["hour"]=> string(0) "" ["day"]=> int(0) ["monthnum"]=> int(0) ["year"]=> int(0) ["w"]=> int(0) ["category_name"]=> string(0) "" ["cat"]=> string(0) "" ["tag_id"]=> int(80) ["author"]=> string(0) "" ["author_name"]=> string(0) "" ["feed"]=> string(0) "" ["tb"]=> string(0) "" ["meta_key"]=> string(0) "" ["meta_value"]=> string(0) "" ["preview"]=> string(0) "" ["s"]=> string(0) "" ["sentence"]=> string(0) "" ["title"]=> string(0) "" ["fields"]=> string(0) "" ["menu_order"]=> string(0) "" ["embed"]=> string(0) "" ["category__in"]=> array(0) { } ["category__not_in"]=> array(0) { } ["category__and"]=> array(0) { } ["post__in"]=> array(0) { } ["post__not_in"]=> array(0) { } ["post_name__in"]=> array(0) { } ["tag__in"]=> array(0) { } ["tag__not_in"]=> array(0) { } ["tag__and"]=> array(0) { } ["tag_slug__in"]=> array(1) { [0]=> string(49) "tips%e6%94%bb%e7%95%a5%e6%b3%95%e3%83%a9%e3%83%9c" } ["tag_slug__and"]=> array(0) { } ["post_parent__in"]=> array(0) { } ["post_parent__not_in"]=> array(0) { } ["author__in"]=> array(0) { } ["author__not_in"]=> array(0) { } ["search_columns"]=> array(0) { } ["post_type"]=> array(3) { [0]=> string(4) "post" [1]=> string(5) "event" [2]=> string(4) "blog" } ["ignore_sticky_posts"]=> bool(false) ["suppress_filters"]=> bool(false) ["cache_results"]=> bool(true) ["update_post_term_cache"]=> bool(true) ["update_menu_item_cache"]=> bool(false) ["lazy_load_term_meta"]=> bool(true) ["update_post_meta_cache"]=> bool(true) ["posts_per_page"]=> int(10) ["nopaging"]=> bool(false) ["comments_per_page"]=> string(2) "50" ["no_found_rows"]=> bool(false) ["order"]=> string(4) "DESC" } ["tax_query"]=> object(WP_Tax_Query)#2377 (6) { ["queries"]=> array(1) { [0]=> array(5) { ["taxonomy"]=> string(8) "post_tag" ["terms"]=> array(1) { [0]=> string(49) "tips%e6%94%bb%e7%95%a5%e6%b3%95%e3%83%a9%e3%83%9c" } ["field"]=> string(4) "slug" ["operator"]=> string(2) "IN" ["include_children"]=> bool(true) } } ["relation"]=> string(3) "AND" ["table_aliases":protected]=> array(1) { [0]=> string(21) "wp_term_relationships" } ["queried_terms"]=> array(1) { ["post_tag"]=> array(2) { ["terms"]=> array(1) { [0]=> string(49) "tips%e6%94%bb%e7%95%a5%e6%b3%95%e3%83%a9%e3%83%9c" } ["field"]=> string(4) "slug" } } ["primary_table"]=> string(8) "wp_posts" ["primary_id_column"]=> string(2) "ID" } ["meta_query"]=> object(WP_Meta_Query)#2376 (9) { ["queries"]=> array(0) { } ["relation"]=> NULL ["meta_table"]=> NULL ["meta_id_column"]=> NULL ["primary_table"]=> NULL ["primary_id_column"]=> NULL ["table_aliases":protected]=> array(0) { } ["clauses":protected]=> array(0) { } ["has_or_relation":protected]=> bool(false) } ["date_query"]=> bool(false) ["queried_object"]=> object(WP_Term)#2541 (10) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(19) "Tips攻略法ラボ" ["slug"]=> string(49) "tips%e6%94%bb%e7%95%a5%e6%b3%95%e3%83%a9%e3%83%9c" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "post_tag" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" } ["queried_object_id"]=> int(80) ["request"]=> string(646) "SELECT SQL_CALC_FOUND_ROWS wp_posts.ID FROM wp_posts LEFT JOIN wp_term_relationships ON (wp_posts.ID = wp_term_relationships.object_id) WHERE 1=1 AND ( wp_term_relationships.term_taxonomy_id IN (80) ) AND ((wp_posts.post_type = 'post' AND (wp_posts.post_status = 'publish' OR wp_posts.post_status = 'acf-disabled')) OR (wp_posts.post_type = 'event' AND (wp_posts.post_status = 'publish' OR wp_posts.post_status = 'acf-disabled')) OR (wp_posts.post_type = 'blog' AND (wp_posts.post_status = 'publish' OR wp_posts.post_status = 'acf-disabled'))) GROUP BY wp_posts.ID ORDER BY wp_posts.post_date DESC LIMIT 10, 10" ["posts"]=> &array(8) { [0]=> object(WP_Post)#2379 (24) { ["ID"]=> int(8475) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2022-04-28 18:10:03" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2022-04-28 09:10:03" ["post_content"]=> string(27539) "

どうも、一色だ。
激動の2022年、早くも1/3が経過し5月になろうとしている。
時代は移り変わる、それに乗り遅れないためには現代人にとって「時間」というものが一番大事なのかもしれない。

そんなわけで今回は、"時間効率が圧倒的に良い可能性がある"という攻略法を検証してみることにする。

「グランパーレー法」である。

「パーレー法」は、前の攻略法検証シリーズでも解説したように、勝った時にベット額を2倍にしていく方法である。
自分が決めた連勝数に達したら利確を行うため、コツコツと時間をかけて利益を増やしていくマーチンゲール法、ココモ法といった攻略法に比べ、成功時の時間効率が圧倒的に良い、という特徴がある。

グランパーレー法概要

それを踏襲する『グランパーレー法』は、なんと「勝利時に前回のベット額の2倍+αを賭ける」という攻略法だ。
パーレーですら超攻撃型のベッティングシステムなのに、それに輪をかけて攻撃力を上げるのは大丈夫なのか…という気もするが、実際に検証してみよう。

検証ルールは以下の通りだ。

インターカジノのバカラ(ライブゲームではなく、コンピュータバカラ)でグランパーレー法を利用して検証を行う
・最初のベット額は1ドル、勝利するたびに「2倍+1ドル」をベットする。負けた時点で賭け金を1ドルに戻す。引き分けは同額をベット
・6連勝を成功したら利確を行い、検証成功となる
・スタート金額は100ドル。全て使い切った時点で検証失敗となる

それでは検証開始!

検証1戦目

バンカーは配当が1.95倍になるため、全てプレイヤーで攻略法を使用する。
ノーコミッションバカラを使えばバンカーでも利用できるが、1.5倍の配当は「引き分け」と同じ扱いになるため注意しよう。

さて、プレイヤーに1ドルをベット。

初戦は敗北

スッと説明したいんだから最初は勝ってくれ!

2戦目で早速勝利

気を取り直して、次の勝負ではプレイヤーの勝利。
ちなみにこのOneTouch社のバカラはスクイーズ(絞り)を「全部」「ベットした陣営のカード」「なし」から選択できる。
時間効率を重視するなら「なし」、勝負をじっくり味わいたいならぜひ絞りをして欲しい。

グランパーレー法実践開始

パーレー法では1勝後の次のゲームは2倍のベットになるが、グランパーレーでは「2倍+1ドル」となる。つまり次は3ドルをベットすれば良い。負けたらその時点で1ドルに戻る。
「再ベット×2」に1ドルを足すだけなので、手順としては難しくない。

どうにも連勝が続かない

にしても序盤の勝てないこと勝てないこと…
なんと2連勝もできず、ベット額が3ドルから一向に増えない。ズルズルとマイナスになっていく。

未だ連勝が続かず

挙げ句の果てに、15戦目に負けてから…

連敗街道まっしぐら

21戦目まで合計7連敗
6連勝を目指しているのに先に7連敗とは、マーチンやグランマーチンなら速攻負けている。
しかし「パーレーは連敗に強い」! 負けてもずっと1ドルずつしか減っていかないから、リスクは限定的だ。

やっとのことで3連勝

しかし26戦目、やっとここで3連勝を決める!
ナチュラル9を決め、危なげなく勝利。7ドルで勝利したので、次は「7ドル×2 +1ドル」で15ドルベットだ。
なんとか4連勝を決めて欲しいが…

なかなかうまくいかない

決められなかった。まあまだ序盤戦、6連勝のチャンスはまだまだある。

こまめな連勝が続く

ここから少しずつプレイヤーが連勝し始める。6連勝への期待が高まるが…

4連勝までの道のりは遠い

その前に4連勝が遠い。15ドルベットで必ず負けてしまう。
パーレー法は一回の負けで必ず-1ドル(最初の賭け金)となるが、グランパーレー法は一回の負けで必ず「連勝数と同じ」マイナスを背負ってしまう。例えば…

連勝数
賭け金 $1 $3 $7 $15
連勝時の利益 +$1 +$4 +$11 +$26
負けた時の損失 -$1 -$2 -$3 -$4

例えば、4連勝がかかった勝負で負けた場合、($1+$3+$7)-$15 = -$4 の損が出てしまう。簡単に言えば、それまで積み重ねた勝利(◯)が全部敗北(×)に置き換わる、と考えても良い。
そのため、資金が無くなるスピードが早く、なかなか勝てないとすぐに0ドル、となる可能性が高い。

連勝が続かず検証回数ばかりが増えていく

あまりにも4連勝の勝負で負けるので、「ここで勝ったら6連勝まで行くな」と勝手に考えていた。

資金が尽きる前の最後のチャンス

そして残高も30ドルと後が無くなってきた80戦目から、82戦目までで3連勝。
ここが山場だ、頼むぞ!

ようやっと4連勝目を飾る

7-0で危なげなく勝利! これは勢いで行けるか?

起死回生で5連勝到達!

5連勝がかかった勝負では、3枚目で起死回生の「4」がそのまま決勝点になり勝利。
あと一回勝てば検証成功となる。

検証成功がかかった勝負

1ドル⇨3ドル⇨7ドル⇨15ドル⇨31ドルと続いてきたベットであるが、6連勝がかかった勝負では「63ドル」になる。
勝てば126ドルを獲得だ。頼んだぜ!

3枚目にすべてがかかる

3枚目を残して0-4と危機的な状況、3枚目に全てがかかっている…

勝利して晴れて検証成功

3枚目は「5」!
バンカーの3枚目もなんとか躱し、6連勝達成! $148を持って検証終了となった。

検証が完了したところで、85戦のデータを表で見てもらおうと思う。

回数 ベット額 勝敗 残高 回数 ベット額 勝敗 残高
$1 $99 44 $15 $60
$1 $100 45 $1 $61
$3 $97 46 $3 $58
$1 $96 47 $1 $59
$1 $97 48 $3 $56
$3 $94 49 $1 $57
$1 $95 50 $3 $54
$3 $92 51 $1 $55
$1 $91 52 $3 $58
10 $1 $92 53 $7 $51
11 $3 タイ $92 54 $1 タイ $51
12 $3 $89 55 $1 $52
13 $1 $88 56 $3 $55
14 $1 $89 57 $7 $48
15 $3 $86 58 $1 $49
16 $1 $85 59 $3 $46
17 $1 $84 60 $1 $45
18 $1 $83 61 $1 $46
19 $1 $82 62 $3 タイ $46
20 $1 $81 63 $3 $49
21 $1 $80 64 $7 $56
22 $1 $81 65 $15 $41
23 $3 $78 66 $1 $40
24 $1 $79 67 $1 $39
25 $3 $82 68 $1 $38
26 $7 $89 69 $1 $37
27 $15 $74 70 $1 $36
28 $1 $73 71 $1 $37
29 $1 $72 72 $3 $40
30 $1 $71 73 $7 タイ $40
31 $1 $72 74 $7 $47
32 $3 $69 75 $15 $32
33 $1 $70 76 $1 $33
34 $3 $67 77 $3 $36
35 $1 $68 78 $7 $29
36 $3 タイ $68 79 $1 $28
37 $3 $71 80 $1 $29
38 $7 タイ $71 81 $3 $32
39 $7 $64 82 $7 $39
40 $1 $65 83 $15 $54
41 $3 タイ $65 84 $31 $85
42 $3 $68 85 $63 $148
43 $7 $75
:38 :40 タイ:7

それでは、グランパーレー法を実践してみた感想について深掘りしてみる。

・6連勝で+120ドルというスピードの速さ
パーレー法は6連勝で+63ドルなので、攻撃力に特化したパーレー法よりも早いスピードで利益が出たのはメリットと言える。
・リスクはパーレーとあまり変わらない
連勝後に負けた時に少々マイナスが大きくなるだけなので、連敗時のリスクなどはあまり変わらない印象がある。
・手順が難しくない
勝った時に「2倍」ボタンと1ドルを押すだけなので、パーレー・マーチンと同じような手順でベット額の上下が可能だ。
・とはいえ残高が減るスピードが早い
パーレー法は「負け=-1ドル」だったところ、グランパーレー法は「利確前の勝ち・負け全て=-1ドル」となる。勝ちたければさっさと利確をする必要がある

この記事ではグランパーレーを実践してみた。
実際、パーレーを使うプレイヤーは「手っ取り早く勝ちたい」「大幅に利益を稼ぎたい」という方が多いと思うので、そういったプレイヤーには非常におすすめの攻略法と言える。

これからも様々な攻略法を検証していくので、リクエスト等ございましたら是非コメント欄でよろしくお願い申し上げます。

" ["post_title"]=> string(115) "【Tips攻略法ラボ】パーレーよりも火力の高い「グランパーレー法」を検証してみよう" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(19) "grand-parley-method" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-03 10:48:42" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-03 01:48:42" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(57) "https://onlinecasino-tips.com/?post_type=blog&p=8475" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#2383 (24) { ["ID"]=> int(8298) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2022-03-10 14:59:54" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2022-03-10 05:59:54" ["post_content"]=> string(30669) "

どうも、一色だ。

月の初めの記事は「攻略法検証シリーズ」。
これまでマーチンゲール法、パーレー法、ココモ法など有名なものを検証したため、今月はどんな検証をしようかと思っていると…
読者の方からリクエストが届いた。ありがとうございます。

「フィボナッチ数列法が簡単そうに見えて、いざやるといくら賭ければよいのか分からなかったので、検証お願いいたします」

なるほど。フィボナッチ数列法か…

当サイトでは説明していないベッティングシステムなので、詳しく説明していこう。

まず、「フィボナッチ数列」をご存知だろうか? これは、「前の数字とその前の数字を合わせた数」が次の数字になる数列のことだ。
例えば、1個目の数字が「1」、2個目が「1」の場合、3個目の数字は「2」になる。4個目は1+2=3、5個目は2+3=5、という具合だ。
フィボナッチ数列を図解で見てみよう。

フィボナッチ数列法の図解

図の通り『1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55 …』と続くが、この最初の「1」がスタートのベットになる。

そして、『フィボナッチ法』には2通りのパターンがある。

フィボナッチ数列法の2通りのパターン

つまり、前者のパターンであれば勝つたびにベット額が増えていき、その分利益も増えていく(緩いパーレー法に近い)。
後者のパターンは負けるたびにベット額が増えていくので、ディフェンス力が高い(緩いマーチンに近い)。

正直俺もあまり使ってこなかった攻略法なので、これを見た時の第一印象は…
「いや、勝った時一択じゃね?」
であった。

というのも前者の場合のメリットは、「大きく連勝した後、負けてもある程度の利益が残る」という点。負けると全てを失うパーレーと違い、ある程度保証されている。
そういう意味では、後者のデメリットは「大きく負けると取り戻すのが難しい」ことにある。
勝利しても最初のベット額しか利益を積めないのに、大連敗すると大幅な損失を喰らうわけだから、あんまり意味のない攻略法では… そんな第一印象だった。

しかしこれは攻略法検証。どちらもやってみよう。

【検証開始】

今回の実戦カジノはベラジョンカジノ。スタート金額は$200である。

花路野三丁目

今回は日本語を話すディーラーがゲームを進める「花路野三丁目」のスピードバカラで検証する。良い意味でとてもほのぼのとしていて平和なテーブルだ。逆に言えばここで50,000ドルの勝負をするプレイヤーはいないだろう。

しかしこのディーラーはどこでディール経験を積んだのだろうか? ディーラー養成学校とか? 詳細をご存知の方がいらっしゃるなら、こっそりコメント欄で教えてください。

最初のベット額は「10ドル」から始めることととする。

10ドルの場合の推移

10ドルの場合の推移は最初に挙げた上の数列に「0」をつけるとわかりやすい。

早速の2連勝

幸先よくプレイヤーが2連勝。次の数列は「20」なので…

20ドルベット

20ドルをベットする。

負けたら1番目に戻る

負けてしまったらベット額を10ドルに戻す。手順さえ間違えなければ簡単な部類だろう。

…しかし、少しばかり実践してみた結果ある気付きを得る。

1回目のベット

このシステムベット、とっても利益を出しにくい!

勝利時・敗北時それぞの流れ

1勝目で10ドル、2勝目でも10ドルの利益が出るが、3戦目は20ドルをベットするため、3回目で負けた場合は利益が出ないのだ。
3連勝して初めてプラスになる。

トントンとなる図

だから勝勝勝勝のようなニコイチだと、1ドルもプラスにはならない。

負けた時のリカバリーが大変

また、2連敗すると取り戻す手段がないため、1敗ごとに必ず10ドルの損失が発生する。
「利益には3連勝が必要、損失は2連敗から」という歪な構造なので、苦戦を強いられた。

勝てばよかろうなのだ

しかし、逆を言えば3連勝以上の利益は加速度的に増えていく。3連勝で40ドルを獲得…

加速度的に利益が増えていく

4連勝で60ドルを獲得。

利益増大のスピードは止まらず

いつの間にかディーラーが代わっている5戦目、50ドルをベット…

負けても利益確保

これは負け。しかし50ドル負けてもなお一連の勝負で20ドルの利益を確保だ。

先程の負けが悔やまれる

するとまた4連勝。
もし真ん中のバンカー勝利もプレイヤーに軍配が上がっていれば9連勝となり、760ドルの利益を手にする。10戦目で負けたとしても210ドル残る。
これこそフィボナッチ法の利点といえよう。

ここで一旦終了

4連勝後のゲームを外し、次のゲームも外したところで200ドルに戻ったためここで一旦実践を終了する。

結果をまとめた表を見てみよう。

回数 開始時 ベット額 勝敗 終了時
$200 $10 $210
$210 $10 $220
$220 $20 $200
$200 $10 $210
$210 $10 $220
$220 $20 $200
$200 $10 $210
$210 $10 $200
$200 $10 $210
10 $210 $10 $220
11 $220 $20 $200
12 $200 $10 $190
13 $190 $10 タイ $190
14 $190 $10 $200
15 $200 $10 $210
16 $210 $20 $190
17 $190 $10 $180
18 $180 $10 $170
19 $170 $10 $180
20 $180 $10 $190
21 $190 $20 $170
22 $170 $10 タイ $170
23 $170 $10 $180
24 $180 $10 $190
25 $190 $20 $210
26 $210 $30 $240
27 $240 $50 $190
28 $190 $10 $200
29 $200 $10 $210
30 $210 $20 $230
31 $230 $30 $260
32 $260 $50 $210
33 $210 $10 $200
:19 :12 タイ:2

19勝12敗とかなり強かったにもかかわらず、結果は±0ドル
これではフラットベットの方がよっぽど良い(というより、ある意味でフラットベットは最強だ。最弱でもあるが)
2連勝で利益が取れないのは結構キツい… ということで、次は敗北時にベット額を増やしてみよう。

敗北時にベット額を増やす検証

同じくバカラで勝負する。プレイヤーに10ドルをベット…

3戦目にして負けたのでここから数列が進む

幸先よく2連勝を収めた後、バンカーの猛攻が始まったことで数列が進み始める。
数列の進捗開始後3戦目、20ドルベットを外し3連敗。

4戦目も敗北

次戦の30ドルを外し4連敗。

敗北の連鎖が続く

50ドルベットを外し5連敗。これで残高は100ドルに!

検証続行の瀬戸際まで来てしまう

続いて80ドルベット。
ここを外すと次がベットできないため検証は失敗となる。頼む…

首の皮一枚つながり命拾いする

なんとかナチュラル9を決め勝利。160ドルをゲットした。

ここで一連の損失を計算すると…
勝利:80ドル
敗北:10ドル+10ドル+20ドル+30ドル+50ドル=120ドル
ということで-40ドルのマイナス。

5連敗しても-40ドルで済んでいるのはメリットか?

2連勝以降は勝つだけ利益が出る

そして嬉しいことに、このベット方法では2連勝から利益が出る!
ベット額は変わらないので10ドルフラットの利益になるが、それでもかなり嬉しい。

2連敗で抑えれば損失は出ない

そして3連敗する前に勝てば損失は出ない。
「利益は2連勝から、損失は3連敗から」になるため利益の出るタイミングがそこそこ多い。

大負け分をこまめに回復

そして、5連敗のあとは大したドラマもなく残高が回復し…

初期額にまで復活したので検証終了

本来20ドルベットの所を間違って10ドルベットにしてしまい、ちょうど残高が200ドルに。
キリが良いのでここで検証を終了する。

結果をまとめた表を見てみよう。

回数 開始時 ベット額 勝敗 終了時
$200 $10 $210
$210 $10 $220
$220 $10 $210
$210 $10 $200
$200 $20 $180
$180 $30 $150
$150 $50 $100
$100 $80 $180
$180 $10 $170
10 $170 $10 $180
11 $180 $10 $170
12 $170 $10 $180
13 $180 $10 $190
14 $190 $10 $180
15 $180 $10 $190
16 $190 $10 $180
17 $180 $10 $170
18 $170 $20 $190
19 $190 $10 $200
20 $200 $10 $210
21 $210 $10 タイ $210
22 $210 $10 $200
23 $200 $10 $210
24 $210 $10 $200
25 $200 $10 $210
26 $210 $10 $200
27 $200 $10 $210
28 $210 $10 $200
29 $200 $10 $190
30 $190 $20 タイ $190
31 $190 $10 $200
:14 :15 タイ:2

14勝15敗
負け越し、かつ5連敗を喫したがなんとかトントンまで持ってこれた。

【検証を終えて】

2つのシステムベットについて調査してきたが、結論としては…

「勝ちやすさ」重視なら「敗北時に増やすフィボナッチ」
「連勝勝ち逃げ」を目指すなら「勝利時に増やすフィボナッチ」

を選ぶのが良いだろう。

2連勝するか、3連敗するかは確率にしておよそ倍の開きがある。3連敗する確率の倍2連勝できるわけで、損失が出る確率はかなり低いと言える。

そして、勝利時のフィボナッチは連勝を目指す…というより「連勝勝ち逃げ」を目指す方が良い。
例えば4連勝でも利益は70ドル出る、5回目の勝負では勝利で+50ドル・敗北で-50ドル。負けると20ドルしか残らない。
そのため、「ある程度連勝したら終了」と決めておくのが良いだろう。

今回は読者の方のリクエストで攻略法を検証させていただいた。
「この攻略法を検証してほしい」というリクエストがあれば、是非コメント欄で教えてください。
「私のオリジナル攻略法」でも…検討します?

" ["post_title"]=> string(104) "【Tips攻略法ラボ】「フィボナッチ数列法」の2パターンの使用法を徹底検証!" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(29) "fibonacci-sequence-inspection" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-10-31 13:32:05" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-10-31 04:32:05" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(57) "https://onlinecasino-tips.com/?post_type=blog&p=8298" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "2" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#2375 (24) { ["ID"]=> int(7956) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2022-01-17 14:38:26" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2022-01-17 05:38:26" ["post_content"]=> string(16058) "

明けましておめでとうございます。本年も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

改めて。どうも、一色だ。
新年も変わらず、月の前半に攻略法検証、そして後半にプレイ記事という形を取ろうと思っている。
新年一発目の記事は、「新攻略法」を扱う。まぁ、これは俺の造語だが…
今まで「マーチンゲール」「パーレー」「モンテカルロ」など、有名な攻略法を取り扱ってきた。そのため今回は、そう言った攻略法を組み合わせ、新しい攻略法を考えてみよう。

今回は、「マーチンゲール」「パーレー」の合わせ技について検証する。実践カジノはラッキーニッキーだ。
結構新しい攻略法の中では有名で、Tipsでも攻略法の解説ページでも触れているが、実際考えたことのあるプレイヤーも多いのではないだろうか?

システムベットの応用編

ルールは単純、
「連勝が続く間はパーレー法を行う」
「連敗が続く間はマーチンゲール法を行う」
これだけだ。
勝ちが連続すると大勝利のチャンス、負けが重なると大損のピンチというわけだな。

ということで、検証開始!

【検証方法】

・スタート金額は$255、$1からスタート
・連勝か連敗が続くたびに$2,$4,$8と倍倍にベット額が増える
・パーレーで$128のベットを勝てば検証成功、マーチンゲールで$128のベットを負ければ検証失敗となる

検証方法の詳細説明

検証方法であんまりピンと来ない方もいると思うので、詳しい説明をしていこう。
実践機種はOneTouch社のバカラだ。スクイーズも出来る優れものだが、今回はカット。

検証実践開始

まず、プレイヤーに1ドルベットする。

初戦は負け

負けてしまったので、次はプレイヤーに2ドルをベット。ここまでは普通のマーチンゲールと同じだ。

マーチンゲール法で勝利

次のゲームは勝利。
この時、マーチンゲールが成功しているので「1ドルの利益が出ている」、つまり、ここでパーレーにバトンタッチするわけだが、1回目のベット($1)は成功している、と考える。

マーチンゲールで勝ったらパーレー法を開始する

そのため、次にベットするのは$2となる。ここまでOK?

パーレーで負けたらマーチンゲール法を開始

パーレーで負けた時も同様だ。
パーレーで負けると必ず「1ドルの損失が出ている」、つまり1回目のベットは失敗しているので、マーチンゲールに移行する際も最初は「2ドル」をベットする必要がある。
なので、常に最初のベットの2倍以上は賭ける必要があることに留意しなければならない。
要するに、この方法を使っている限り、ベット額が1ドルに戻ることはない。

連勝・連敗を定期的に繰り返す

しばらくは多くとも3連勝・3連敗くらいで、高いベットは無し。平和な動きをしていたが…

テーブルゲームが牙をむく

いつ牙を剥くのか分からないのがテーブルゲーム。そしてバカラだ。
2,4,8,16ドル…とサクッと4連敗を喫してしまう。ここから…

連敗の波が押し寄せる

32ドルベットで負け、

検証失敗の瀬戸際

64ドルベットで負け、とあっという間に土俵際に追いやられた。
ここを負ければあっけなく検証終了、128ドルベットは果たして…

オールインで大勝負

2枚目までで0vs7、これは万事休すか…

首の皮一枚つながった

「お前の敗因、それは俺に3枚目を引かせたことだ!」
と言わんばかりの9。なんとか首の皮1枚で勝ちをもぎ取った。

ライブカジノに場を移す

さて、実戦場所を変えて、Evolution社のスピードバカラへ。実際、”ライブバカラで実践してこそ攻略法!”という気もする。
ただし、プレイヤーにしかベットできないので、罫線を駆使して実践する方は難しいかもしれない。バンカーにもベットをしたい場合はノーコミッションなどを駆使してほしい。

1ドルでの勝負は確かに防御力も高いけど、8連勝してやっと検証成功なので難易度が高い。ということで、ベースのベット額を「16ドル」に引き上げている。
4連勝で成功、4連敗で失敗、のスピード勝負だ。

最初からクライマックスだ!

やはりベット額が高いと最初からクライマックスという感じがする。16ドルベットで勝利…

幸先の良い2連勝1

そして32ドルでも勝利。ナチュラル6からバンカーの猛攻を受け止める、俺がバカラで一番好きな勝ち方だ。

この流れで勝利なるか?

そして勝てば王手がかかる64ドルベット、1枚目はかなり有利だが…?

そう上手くはいかなかった

相手にナチュラル9を決められ失敗。そこまで上手くは行かないな。

しばらくは勝ち負けの応酬が続く

しばらくはテレコが続き休戦状態。ちなみに相撲では白星と黒星が交互になることを「ヌケヌケ」と言う。

ポーカーならいい線行ってた

10・J・Qのストレートフラッシュを出すも数字としては0なので負け。
たま〜にサイドベットで特定の図柄を出すと配当、なんてあるけど、基本的にサイドベットは本線よりかなり還元率が悪い。変わったベットがしたければルーレット一択と言えよう。

流れが悪いので様子見をしてみる

プレイヤーが3連敗と調子が悪いので、ベットせずに様子を見守る…

そういう時に限って勝ってしまう

と途端に勝ってしまう。こういう流れの時、なかなか勝てない気がする。気のせいだろうか?

そして賭けるとまた負ける

続いての32ドルベットは最後にバンカーが8を出して負け。

バンカーが強すぎる

次の64ドルベットも最後に差されて負け。チャンスが早ければピンチも近いのがこの検証の肝だ。

再びオールインする羽目に

さあ、128ドルベット。負ければ検証失敗だ。頼むぞ!

勝負は3枚目で決まる

2枚目までで0vs0の鍔迫り合い! 3枚目の数字が大きい方が勝ちだ!! 行け!!

検証失敗

6vs7…

ついに、検証シリーズ初の敗北を喫してしまった…

【総評】

今までの検証シリーズは勝率を7割前後になるように設定していたが、今回はかなり低い勝率で勝負せざるを得なかった。
参考に、タイを考えない場合のプレイヤー・バンカーの連勝確率について表にしたものがこちらだ。

連勝数 プレイヤー バンカー
1連勝 49.32% 50.68%
2連勝 24.32% 25.68%
3連勝 12.00% 13.02%
4連勝 5.92% 6.60%
5連勝 2.92% 3.34%
6連勝 1.44% 1.69%
7連勝 0.71% 0.86%

つまり、およそ"141回に1回の割合でプレイヤーは7連勝する"が、"バンカーは116回に1回の割合で7連勝する"ということだ。そのためこの検証の勝率はおおよそ45%程度まで下がる。

とはいえ、
・パーレー法のやめどきを決めやすい
・引き分けになる確率が高く、多くの状況でベット額が上がるので、リベートボーナスを獲得しやすい
・パーレー法のメリットを享受しながら、マーチンゲールのデメリット(獲得金額が少ない)を減らしている

といった多くのメリットも発見できた。

というわけで、手っ取り早い勝負を行いたい方はおそらく255ドルを一発プレイヤーやバンカーにベットする方が良いだろう。じっくり腰を据えて戦いたい方におすすめの方法と言える。

新・検証法シリーズはこれからも行っていく予定なので、「このシステムベットの組み合わせが見たい!」などあれば、是非コメント欄でお聞かせください。
それでは。

" ["post_title"]=> string(106) "【Tips攻略法ラボ】新攻略法シリーズ①:マーチンとパーレーを合わせてみよう" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(20) "strategy-combination" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-03 10:49:06" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-03 01:49:06" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(57) "https://onlinecasino-tips.com/?post_type=blog&p=7956" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#2378 (24) { ["ID"]=> int(7457) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2021-12-08 10:50:09" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-12-08 01:50:09" ["post_content"]=> string(31528) "

どうも、一色だ。
そろそろ年の瀬に差し掛かる頃、また去年今年と世間を騒がせている疫病が流行り始める可能性があるらしい。2022年もリアルカジノには行けそうにないが、オンラインカジノは24時間開いている。
新台もバンバン出ていることだし、退屈なことは無いだろう。すっからかんになりコタツでみかんを食べるだけの正月にはしたくないものだ。

さて、月の前半の記事は「攻略法検証シリーズ」
今回取り扱う攻略法は「グランマーチンゲール法」だ。

【グランマーチンゲール法とは?】

グランマーチンゲール法とは

で、「グランマーチンゲール法」とはどんな攻略法・必勝法かというと、基本的な仕組みはマーチンゲール法と変わらない。ニブイチのゲームをプレイして、負けたら賭け金を倍にする。
しかしグランマーチンゲール法は単にベット額が倍になるだけでなく、その賭け金にプラスでベット額を追加する仕組みとなっている。

例えば、1ドルベットして負けたら、マーチンゲールでは2ドルにするが、グランマーチンゲールでは2ドルにプラス1ドルして3ドルでベットする。
次も負けたら、3ドル×2+1ドル=7ドル…と、常に賭け金をレイズしていくのがグランマーチンゲールの特徴だ。詳しくはこちらの記事を参考にしてほしい。

と説明してみたものの、俺はあまりグランマーチンゲールを使ってこなかった。なぜかというと・・・「中途半端」に見えるからだ。
・マーチンゲールより長い連敗はできない
・パーレーのような大きな利益は期待できない
と、攻撃にも守備にもどっちつかずのイメージがあり、だったら別にこの必勝法でなくともいいのでは? と感じていた。

しかしここは「攻略法検証」。キッチリ調べて結論を出していこう。

★検証方法

ここで検証ルールを説明する。
・スタートを1ドル、追加ベットを1ドルとする。
 そのため、1回目のベットは1ドル、2回目は3ドル、以後7ドル、15ドル、31ドル、63ドル、127ドル、と変化していく
・7連敗を喫したら検証は終了とする(損失は-247ドル)
・247ドルをスタート地点とし、300ドルまで達したら検証成功とする

要は「2倍+1ドル」で勝負するグランマーチンということだ。それでは検証開始!

【検証開始】

ファーストパーソンバカラ

本日は、カスモカジノの「ファーストパーソンバカラ」でプレイを行う。エボリューションゲーミングのライブバカラがそのまま非ライブになった感じだな。

検証実践開始

まずはプレイヤーに1ドル。散々言っていることだが、バンカーは配当が1.95倍になってしまうので検証では利用しない。

初戦は負けからのスタート

初戦は相手にナチュラル8を出され負け。

倍額プラス1でベット

負けたらベット額を上げる。今回は1ドルの2倍、かつ+1ドルのため3ドルをプレイヤーにベットする。

5回目にしてようやく初勝利

結果、タイも挟まって、初めての勝利は5回目だった。先が思いやられるが…

安定した戦績が続く

そこからは打って変わって終始安定した動きをしてくれた。多くても2連敗で済み、7ドルベット以上になることは無かったので、とてもストレスフリーな実戦が出来た。

ベット額の加算が分かりやすい

そして気付いたことだが、グランマーチンゲールはベット額の引き上げが簡単だ。
「再ベット」→「×2」→「1ドル」の順にクリックするだけでOK。モンテカルロ法やココモ法のような仕組みじゃなく、「2倍+1ドル」という仕組みで動いているのでとても簡単にベットできる。
ライブカジノでも使えるし、初心者でも利用しやすい攻略法と言えるだろう。

ヒキの強さが光る流れ

特に終盤は5連勝などのヒキの強さを見せ…(できればパーレー法で見たいものだが)

順調に目標達成

全く危なげなく300ドルに到達した。ちなみに57戦で300ドルに到達したのだが、途中経過をまとめたものが以下の表である。

回数 残高 ベット額 勝敗 収支 終了後残高
$247 $1 負け -$1 $246
$246 $3 負け -$3 $243
$243 $7 タイ $243
$243 $7 タイ $243
$243 $7 勝ち +$7 $250
$250 $1 勝ち +$1 $251
$251 $1 負け -$1 $250
$250 $3 勝ち +$3 $253
$253 $1 負け -$1 $252
10 $252 $3 負け -$3 $249
11 $249 $7 勝ち +$7 $256
12 $256 $1 勝ち +$1 $257
13 $257 $1 負け -$1 $256
14 $256 $3 負け -$3 $253
15 $253 $7 勝ち +$7 $260
16 $260 $1 勝ち +$1 $261
17 $261 $1 タイ $261
18 $261 $1 勝ち +$1 $262
19 $262 $1 負け -$1 $261
20 $261 $3 負け -$3 $258
21 $258 $7 勝ち +$7 $265
22 $265 $1 勝ち +$1 $266
23 $266 $1 勝ち +$1 $267
24 $267 $1 負け -$1 $266
25 $266 $3 タイ $266
26 $266 $3 勝ち +$3 $269
27 $269 $1 負け -$1 $268
28 $268 $3 勝ち +$3 $271
29 $271 $1 勝ち +$1 $272
30 $272 $1 負け -$1 $271
31 $271 $3 負け -$3 $268
32 $268 $7 勝ち +$7 $275
33 $275 $1 勝ち +$1 $276
34 $276 $1 勝ち +$1 $277
35 $277 $1 負け -$1 $276
36 $276 $3 勝ち +$3 $279
37 $279 $1 負け -$1 $278
38 $278 $3 勝ち +$3 $281
39 $281 $1 負け -$1 $280
40 $280 $3 勝ち +$3 $283
41 $283 $1 負け -$1 $282
42 $282 $3 勝ち +$3 $285
43 $285 $1 勝ち +$1 $286
44 $286 $1 勝ち +$1 $287
45 $287 $1 勝ち +$1 $288
46 $288 $1 勝ち +$1 $289
47 $289 $1 負け ー$1 $288
48 $288 $3 勝ち +$3 $291
49 $291 $1 負け -$1 $290
50 $290 $3 勝ち +$3 $293
51 $293 $1 負け -$1 $292
52 $292 $3 勝ち +$3 $295
53 $295 $1 負け ー$1 $294
54 $294 $3 勝ち +$3 $297
55 $297 $1 勝ち +$1 $298
56 $298 $1 負け -$1 $297
57 $297 $3 勝ち +$3 $300

これを見ると、31勝22敗4分でかなりツキが良かったようだ。ホンジャマカのホッケー勝率レベル。
しかも、57戦もすれば理論上6連敗くらいは1回来るのが普通だが、今回は6連敗どころか3連敗すらしていない。これは流石に引き勝ちのような気がしたので、急遽2試合目を行うことにした。

★追加検証ルール

・ベースを$5にし、「2倍+5ドル」による検証を行う。
・1回目は5ドル、以下15ドル、35ドル、75ドル、155ドルとなる。
・5連敗の時点で検証失敗、400ドル到達時点で検証成功とする。

1ユニット5ドルで再スタート

ということで、スタート金額5ドルでの勝負が始まった。
許容連敗数が「7」→「5」まで下がったが、その代わり利益も5倍。どうなるか・・・

序盤は順調な滑り出し

という不安とは裏腹に、なんと最初の10戦で9勝1敗。この時点で既に50ドルのプラスとなっている。
こんなんじゃ検証にならん、とは思うが、このまま400ドルに行って欲しい気持ちもある。さて・・・

流石にずっと順調というわけにはいかない

流石にそこまで上手く行かず、ここで3連敗。3連敗の時点で今までの利益が全部消し飛んでいるのが怖いところだ。

一気に負けが込み始める

5ドル→15ドル→35ドルと続けて失敗したため、次のベットは75ドル。ここで負けたら後が無い。 もう成功してくれ…!

検証失敗の瀬戸際

結構不利だが、三枚目に希望を賭ける…!

何とか勝利

OK!
なんとか6-1で勝利を収め、150ドルを獲得だ。
ちなみに5ドルからの合計ベット額は130ドル。20ドルの利益をゲットしたことになる。
負けた後の配当が大きいのはマーチンゲールでは有り得なかったので、素直に嬉しい。

直後に2連敗

ちなみに直後に2連敗を喫したので、前のベットで失敗していたら負けていた。危ないところだった…

目標金額到達で検証成功

そこからは危なげなく400ドルに到達し検証成功となった。

ちなみに、20戦行って13勝7敗という戦績だった。詳細は以下の表を見て欲しい。

回数 残高 ベット額 勝敗 収支 終了後残高
$300 $5 勝ち +$2 $305
$305 $5 勝ち +$5 $310
$310 $5 勝ち +$5 $315
$315 $5 勝ち +$5 $320
$320 $5 負け -$5 $315
$315 $15 勝ち +$15 $330
$330 $5 勝ち +$5 $335
$335 $5 勝ち +$5 $340
$340 $5 勝ち +$5 $345
10 $345 $5 勝ち +$5 $350
11 $350 $5 負け -$5 $345
12 $345 $15 負け -$15 $330
13 $330 $35 負け -$35 $295
14 $295 $75 勝ち +$75 $370
15 $370 $5 負け -$5 $365
16 $365 $15 負け -$15 $350
17 $350 $35 勝ち +$35 $385
18 $385 $5 負け -$5 $380
19 $380 $15 勝ち -$15 $395
20 $395 $5 勝ち +$5 $400

これもかなり勝利してしまい、あまり有効な検証では無かったかもしれないが、ひとまず2回とも検証は成功だったのでこれで終了としておく。

【検証を終えて】

食わず嫌いだったグランマーチンゲールを使用してみたが、おおよそこのような感想を持った。
・マーチンゲールの「弱点」を補強した仕組み
・ベット額の上げ下げが思ったより楽
・守備力はあまり減っていないので使いやすい

ということで、マーチンゲールに飽きたプレイヤーはグランマーチンを利用してみるのもお勧めだ。

年が明けても攻略法検証は同じように行っていこうと思う。ぜひコメントでどのような攻略法を検証して欲しいか、リクエストや感想を言っていただけると大変ありがたい。よろしくお願いいたします。

" ["post_title"]=> string(130) "【Tips攻略法ラボ】食わず嫌いなグランマーチンゲール法は本当に有効なのかどうか検証してみる" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(19) "unfamiliar-strategy" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-03 10:49:13" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-03 01:49:13" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(57) "https://onlinecasino-tips.com/?post_type=blog&p=7457" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#2381 (24) { ["ID"]=> int(6943) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2021-11-11 10:47:54" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-11-11 01:47:54" ["post_content"]=> string(27900) "

どうも、Tipsライターの一色だ。仲間は増えないものか… まあ、一匹狼も悪く無いだろう。
今回は月2本の記事のうち最初のプレイ記事となる。そのため「必勝法を実際にプレイしてみる記事」の回だ。今回のシステムベットは…

「ココモ法」だ。

【ココモ法とは?】

ココモ法とは…あんまり聞き馴染みのないプレイヤーの方もいるかもしれないが、その実システムベットとしては簡単な部類に入る。
あの「マーチンゲール法」の亜種と言えば分かりやすいだろうか?

ココモ法の概略

「マーチンゲールの亜種」なので、ココモ法のメリット・デメリットもマーチンゲールと似ている。
まずメリットとしては、1勝で必ず利益が出ることだ。何連敗していても、1回勝利するだけでその損失をひっくり返して利益が出るようになっている。
また、連敗が続いていた方が勝利時に利益が大きくなるのも嬉しい。

反対のデメリットとしては、
・ベット額がインフレするために連敗が進むにつれて心理的なプレッシャーが大きくなること
・負けると全てを失う危険性があること
・勝率が約1/3まで下がっているため連敗しやすいこと

...以上だ。

これを踏まえてココモ法を実際にプレイし、検証を行ってみることにしよう。

★検証方法

・200ドルよりスタート。最初は1ドルからベットをスタートさせ、ココモ法を利用して賭けを行う。
・連敗が続き、次負けるとココモ法を利用できない、という勝負で負けたら検証終了(失敗)
・+100ドルの勝利で検証終了(成功)

それでは、検証スタート!

【検証開始】

カジ旅で検証開始

本日は人気カジノ・カジ旅のライブルーレット『インスタントルーレット』で検証する。ベットタイムが無く賭け金を間違いにくいためシステムベットの利用におすすめだ。

ファーストダズンへのベットで検証

「1st 12」(ファーストダズン)に1ドルをベット。1〜12の数字が出れば当たり、それ以外の数字が出ると負けとなる。

幸先の良い勝利

最初の勝負で1/3を制し3ドル獲得。幸先の良いスタートだ。

出だしは2勝1敗

2回目も勝利し、3回目のベットで外れてしまった。

2勝2敗のイーブン

その次のベットも外し2連敗となったが、ココモ法では2連敗まではベット額を変える必要はない。

ベット額の調整開始

3回目のベット額は前回(1ドル)・前々回(1ドル)の合計なので2ドルをベットする。

4回目でようやく勝利

3連続外した後、4回目(3ドルベット)でようやくヒット。
ココモ法では勝率が約1/3なので、3連敗くらいまでは頻繁に起こる。ただマーチンゲール法よりもベット額の上がり幅が少ないので、一気にピンチ…という局面は訪れにくい。

10回ベットした感想.

10回ベットし、5勝5敗と期待値より勝ち越したおかげですぐに+10ドルを達成。
ここから波に乗りたいところだが…

6回連続外してしまう

その直後、6連敗を喫してしまう。
1/3を6連続外し続ける、これも約10回に1回くらいは訪れる。2倍ハマり…牙狼で600ハマりくらいは誰でも経験したことはあるだろう。

余談だが俺は8連続単を食らって2ヶ月くらい打たなかった時期がある。

6敗後のベット額は13ドル

ココモ法ではベット額の上昇が抑えられるとはいえ、この辺りから加速度的にベット額が上がっていく。
マーチンは2倍ずつ上がっていくのでそれよりは抑えられているが、ちょうど「フィボナッチ数列」と同じ上がり方をするのがココモ法の特徴だ。
7回目のベット額は13ドル。

7連敗を喫する

7回目もハズれ…

負けも負けたり8連敗

21ドルベットの8回目も外してしまう。

とうとう後がない9連敗目

外すともう後がない9回目(34ドル)も29に入り大ピンチ!

9連敗後のベット額は55ドル

10回目。ベット額は55ドルとなった。
このベットで負けると残高は69ドルとなるため、11回目のベットに必要な「89ドル」を下回る。つまり、これで当てなければ検証失敗となるが、果たして…

シリーズ初の検証失敗?!

隣の3…を掠め、26に着地。
今シリーズ初の「検証失敗」となってしまった...

…いや、これで終わってしまってはココモ法を検証したとは言えない!

ということで追加検証だ。
...決して大した見せ場もなく終わるのが嫌だというわけではないぞ。

ということで2セット目の検証は少しルールを変更して行う。

★検証方法(改)

・200ドル入金してココモ法を実践
・最初のベット額は「10ドル」とし、400ドルまで増えたら検証終了(成功)
・次のベットが不可能になった時点でも検証終了(失敗)

ベット額を増やすと1回当たりの利益は増えるが連敗の許容数が減る諸刃の剣だが、果たして…

再検証ではセカンドダズンにベットする

ファーストダズンは出なさそうなので(オカルト)、セカンドダズン(13〜24)に10ドルを賭けて検証する。

早速の2連敗

10ドル別途にもなると一戦一戦の重みが違うため、プレッシャーも重く感じる。
早速2連敗を喫して20ドルベットになるが…

3回目で勝利

無事連敗を断ち切り60ドルを獲得
最初の勝利で20ドル、1敗後の勝利で10ドル、2連敗後の勝利で20ドルの利益になるので、できれば連勝するか2連敗以上してから勝利したい。

1勝2敗の繰り返しは有難い

その後も「2連敗後の勝利」が功を奏し続ける。ちなみにファーストダズンにベットしていたら既に終了していた(笑)

2連敗後の勝利は続く

その後も順調に「2連敗→勝利」を続け…

300ドルの大台突破

悠々と300ドルを突破! このまま楽勝かと思われたが…

4連敗を喫する

その直後、4連敗を喫してしまう。
前々回20ドル⇨前回30ドルベットのため50ドルを賭ける。そろそろ断ち切って欲しいが…

意に反しての5連敗

36に入り5連敗。次は80ドルベット、負ければ後はない!

無情な6連敗

無情にも1に入り6連敗... この時点で残高は140ドルになってしまった。

再検証も失敗する?!

スレスレで次のベットができたため、これがラストの130ドルをベットする。
入らなければ2回目の検証もジ・エンドだ。頼む…

どっちに入っても勝利

球はホイールをカラカラと周り、「22」と「18」の狭間に…
...ん?
22と18って、どっちもセカンドダズンじゃないか!
どちらでも良い、とにかく変な動きせずにどちらかに入ってくれ!

無事22にイン

球は無事22にヒット。
ということは…

有終の美を飾る

勝利!390ドルを獲得!

ここで残高10ドルと合わせ、400ドルを突破したため検証成功となった。

ちなみに、これまでの戦績を表にしたので、こちらも参考にして欲しい。

検証1回目

回数 残高 ベット額 勝敗 収支 終了後残高
$200 $1 勝ち +$2 $202
$202 $1 勝ち +$2 $204
$204 $1 負け -$1 $203
$203 $1 負け -$1 $202
$202 $2 負け -$2 $200
$200 $3 勝ち +$6 $206
$206 $1 勝ち +$2 $208
$208 $1 負け -$1 $207
$207 $1 負け -$1 $206
10 $206 $2 勝ち +$4 $210
11 $210 $1 勝ち +$2 $212
12 $212 $1 負け -$1 $211
13 $211 $1 負け -$1 $210
14 $210 $2 負け -$2 $208
15 $208 $3 負け -$3 $205
16 $205 $5 負け -$5 $200
17 $200 $8 負け -$8 $192
18 $192 $13 負け -$13 $179
19 $179 $21 負け -$21 $158
20 $158 $34 負け -$34 $124
21 $124 $55 負け -$55 $69

検証2回目

回数 残高 ベット額 勝敗 収支 終了後残高
$200 $10 負け -$10 $190
$190 $10 負け -$10 $180
$180 $20 勝ち +$40 $220
$220 $10 負け -$10 $210
$210 $10 負け -$10 $200
$200 $20 勝ち +$40 $240
$240 $10 勝ち +$20 $260
$260 $10 負け -$10 $250
$250 $10 負け -$10 $240
10 $240 $20 勝ち +$40 $280
11 $280 $10 負け -$10 $270
12 $270 $10 負け -$10 $260
13 $260 $20 勝ち +$40 $300
14 $300 $10 勝ち +$20 $320
15 $320 $10 勝ち +$20 $340
16 $340 $10 負け -$10 $330
17 $330 $10 負け -$10 $320
18 $320 $20 負け -$20 $300
19 $300 $30 負け -$30 $270
20 $270 $50 負け -$50 $220
21 $220 $80 負け -$80 $140
22 $140 $130 勝ち +$260 $400

【検証を終えて】

というわけで、検証結果は「成功1回・失敗1回」に終わったココモ法であるが、改めてメリットとデメリットを考えてみよう。

まず、連敗時のプレッシャーが大きいのはマーチンと同じだった。
しかもココモ法はマーチンより負ける可能性が高いので、より緊張感が高かったと言える。

あと、ベット額がマーチンより上がりにくいとは言っても、マーチンが2倍なのに対して、ココモ法は平均で1.6倍ほど賭け金が上昇するので、そこまで違いは感じなかった。

ただ、1回当たりのベット額を上げても、確かに連敗の許容数は多かったので、負けにくい手段ではあると思う。
「1回でも引ければ」という望みがあるのは嬉しい。

また、
・1セット目:6勝15敗
・2セット目:8勝14敗
と、期待値よりそこまで勝ち越しているわけではない。
しかし、短時間で残高を倍に出来たので、有用な攻略法と言えるのではないだろうか?

さて、攻略法検証シリーズ第4回をお送りしたが、これからも「この攻略法どうなんだろう?」という疑問があったら是非コメントで教えていただきたい。
よろしくお願い申し上げます。

" ["post_title"]=> string(109) "【Tips攻略法ラボ】ココモ法は「必勝法」と言えるのか?実際にプレイして考える" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(19) "cocomo-verification" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-03 10:49:25" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-03 01:49:25" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(57) "https://onlinecasino-tips.com/?post_type=blog&p=6943" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#2384 (24) { ["ID"]=> int(6688) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2021-10-14 17:25:47" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-10-14 08:25:47" ["post_content"]=> string(40051) "

どうも、一色だ。

5回目ともなるとなかなかオープニングトークくらい軽快に行きたいところだが、なかなか難しい。
世間は宣言なるものが解除され外に出かけてギャンブルをしやすくなったが、海外旅行はまだまだ難しそうだ。
だからカジノゲームを楽しみたいならオンラインカジノ一択と言える。

さて、今回は奇数回目なので「攻略法の検証記事」を行う。
「マーチンゲール法」「パーレー法」と今まで有名どころをリサーチしたが、今回フィーチャーする攻略法はこちらも有名な「モンテカルロ法」だ。

一説にはモンテカルロのカジノをぶっ潰したなんて噂があるほどの攻略法。しかし数列を使ったり1戦1戦メモしたりと使用するのが難しく、敬遠しているプレイヤーも多いと思われる。
しかし、なおモンテカルロ法がここまで有名になったのは、その有用さにあるのではないだろうか?

というわけで、今回はモンテカルロ法について実際に使用し、その感想をプレイヤー目線で解説しよう。

モンテカルロ法の賭け方

モンテカルロ法の簡単な考え方は、
「ある法則に従って数列に文字を足したり消したり…を繰り返し、最終的に数列の数が1個以下になれば成功」だ。
詳しい詳細はこちらのモンテカルロ法の攻略ページを確認してほしい。

一見ややこしく感じるシステムベット法だが実戦パートでも解説は行っているので、そんなに身構えず見てもらえると助かる。では本編開始!

★検証方法

・モンテカルロ法で所持金200ドルから300ドルを目指す。
・200ドル⇨250ドルは「3倍ゲーム」でモンテカルロ法を用い、250ドル⇨300ドルは「2倍ゲーム」で用いて検証する。
・途中で検証が続行できない金額まで残高が下がったらその時点で検証失敗とする。
・300ドル以上になった場合、当該セットが成功するまで行い、その時点で検証成功とする。

本日の実践カジノはカジノジャンボリー
圧倒的な出金速度で有名なオンラインカジノでいざ実戦開始!

【3倍ゲーム検証】プレミアムヨーロピアンルーレット

ルーレットテーブル

カジノジャンボリーのテーブルゲームはほとんどがプレイテック社製のゲームとなっている。
そのため今回はプレイテックの「プレミアムヨーロピアンルーレット」を使用した。
プレミアムとついているものの、実際はただのヨーロピアンルーレットである。

配当が三倍となるベット箇所の説明

「3倍ゲーム」とは、勝利時に3倍の配当が手に入るゲームのこと。
ルーレットでは「ダズン」「カラム(コラム)」ベットがそれにあたる。

モンテカルロ法に沿ったベット開始

最初に「1,2,3」という数字を書き、左端と右端の合計・4ドルをベットする計算だ。
今回は第1ダズン(1〜12に入れば当たり)にベットする。

初回は残念ながらはずれ

1回目はハズレ。外してしまったので、数列にベット額の「4」を書き足して「1,2,3,4」にする。

ベットが外れたので数列追加

次のベットは1と4を足して5ドル。
モンテカルロ法ではベット額を2倍にするタイミングはほとんど訪れないので、2倍ボタンなどが活躍する機会はほぼ皆無。
それがちょっと面倒なポイントではある。

2回目にして早々に当たりを出す

2回目はヒットしたので、左端2つと右端2つの数字を消す。

モンテカルロ法を配当3倍のゲームで使用する際のポイントとして、
勝利すると数列を左右2つずつ消せることを覚えておいてほしい。

今回の場合、左右2個ずつ消した結果数列は0個になった。 これで成功となり2セット目へ。

2セット目は1回目からヒット

2セット目は再度4ドルベットに戻し、そのまま1回目のベットで勝利。

ここまでの2回の例からもわかる通り、3倍ゲームの場合スタートさせてから2回目までにヒットすれば無条件で成功となる。
逆に言うと3回目以降は必ず2勝以上が必要だ。

3セット目は中々勝てない勝負が続く

3セット目は4連敗を喫してしまい、数列は「1,2,3,4,5,6,7」に。
このまま行くとキツいが…

5s戦目にしてようやく勝利

5回目でなんとか勝利。
3倍ゲームのモンテカルロ法では勝つ度に4つずつ数字を消していくので、計算上5回に1回以上勝利できれば成功ペースといえる。

負けが続きベット額がどんどん大きくなっていく

その後も負け続け、「3,4,5,8,11,14」まで数列が膨らむ。
1回数列を消してしまうと最も小さい数字が1ではなくなるので、その分負けた時に賭ける金額もより増えてしまうのがキツいところかもしれない。

2連勝して何とか3セット目が終了

その後、なんとか2連勝でクリア。一気に25ドルの利益を獲得!
これで数列が消化され、3セット目が成功した事になる。

続く4セット目も4連敗後に2連勝で成功した。

5セット目も難なく勝利し目標到達

そして5セット目、2戦目の勝利で早くも+50ドル到達!

かなりハイペースに成功となった。ここで勝負内容を確認してみよう。

3倍ゲームの実践履歴

回数 残高 数列 ベット額 勝敗 収支 終了後残高 終了後の数列 判定
$200 1・2・3 $4 負け -$4 $196 1・2・3・4   
2 $196 1・2・3・4 $5 勝ち +$10 $206 - 1セット目終了
1 $206 1・2・3 $4 勝ち +$8 $214 - 2セット目終了
1 $214 1・2・3 $4 負け -$4 $210 1・2・3・4   
2 $210 1・2・3・4 $5 負け -$5 $205 1・2・3・4・5   
3 $205 1・2・3・4・5 $6 負け -$6 $199 1・2・3・4・5・6   
4 $199 1・2・3・4・5・6 $7 負け -$7 $192 1・2・3・4・5・6・7   
5 $192 1・2・3・4・5・6・7 $8 勝ち +$16 $208 3・4・5   
6 $208 3・4・5 $8 負け -$8 $200 3・4・5・8   
7 $200 3・4・5・8 $11 負け -$11 $189 3・4・5・8・11   
8 $189 3・4・5・8・11 $14 負け -$14 $175 3・4・5・8・11・14   
9 $175 3・4・5・8・11・14 $17 勝ち +$34 $209 5・8   
10 $209 5・8 $13 勝ち +$26 $235 - 3セット目終了
1 $235 1・2・3 $4 負け -$4 $231 1・2・3・4   
2 $231 1・2・3・4 $5 負け -$5 $226 1・2・3・4・5   
3 $226 1・2・3・4・5 $6 負け -$6 $220 1・2・3・4・5・6   
4 $220 1・2・3・4・5・6 $7 負け -$7 $213 1・2・3・4・5・6・7   
5 $213 1・2・3・4・5・6・7 $8 勝ち +$16 $229 3・4・5   
6 $229 3・4・5 $8 勝ち +$16 $245 - 4セット目終了
1 $245 1・2・3 $4 負け -$4 $241 1・2・3・4   
2 $241 1・2・3・4 $5 勝ち +$10 $251 -   目標達成!

今回の結果は8勝13敗。3倍ゲームにしてはそこそこの勝率だった。
が、フラットベットにしていればこんな早く50ドルには辿り着かなかっただろう!
「連勝でそこそこ稼げる」のに「連敗時もそこまでリスクを背負わない」と言う点が、マーチンとパーレーの良いとこ取りという感じだろうか。

しかしまだ道半ば、2倍ゲームでも確認しよう。

【2倍ゲーム検証】バカラ

2倍ゲームはバカラで検証

3倍での実証が出来るゲームは限られているが、2倍ゲームはほとんどのテーブルゲームで楽しめる。
と言うことで次はバカラで挑戦だ。

実証プレイをする前に、簡単に3倍ゲームと2倍ゲームの違いを見てみよう。
まず、失った賭け金を取り戻す為に必要な勝利回数だ。

配当が3倍のゲームの場合

3倍ゲームでは、2連敗しても3戦目に勝利できれば損失を挽回できる。

配当が2倍のゲームの場合

2倍ゲームでは、最初に2連敗してしまうと3戦目を勝利しても取り戻すのに最低2勝はかかる。
手っ取り早く勝ちたいなら1回目の勝負が一番肝心だ。

泥沼に陥った結果の11戦目

2倍ゲームを試してみた感想としては、3倍ゲームよりも泥沼に入りやすい印象を受けた。
特に2倍ゲームでは、勝利しても数列を左端・右端1つずつしか消せないので、連敗すると回収するのがかなり間延びする。

3セット目は4連敗からスタートとなってしまった...
こうなると勝利まで最低3回は勝つことが必要がある。

13戦目にしてようやく3セット目が終了

最終的にセット終了まで13戦かかってしまった。
しかも勝利前と残高は変わらず…

現実問題として、2倍ゲームでモンテカルロ法を使う場合、セットが終了したとしても成功しても利益が出ないことがある。

このままではらちが明かないと感じたので、ベット額を2倍にして挑んでみた所…

ベット額2倍の効果てきめん

トントン拍子に勝てる。すげえスピードで残高が増えていくぞ!

9セット目にして目標到達

最終的に9セット・44戦で無事$300に到達し検証成功となった。 2倍ゲームの勝負の詳細については、こちらの表を参考にして欲しい。

2倍ゲームの実践履歴

回数 残高 数列 ベット額 勝敗 収支 終了後残高 終了後の数列 判定
1 $251 1・2・3 $4 負け -$4 $247 1・2・3・4   
2 $247 1・2・3・4 $5 勝ち +$5 $252 2・3   
3 $252 2・3 $5 勝ち +$5 $257 - 1セット目終了
1 $257 1・2・3 $4 タイ ±$0 $257 1・2・3   
2 $257 1・2・3 $4 タイ ±$0 $257 1・2・3   
3 $257 1・2・3 $4 負け -$4 $253 1・2・3・4   
4 $253 1・2・3・4 $5 負け -$5 $248 1・2・3・4・5   
5 $248 1・2・3・4・5 $6 勝ち +$6 $254 2・3・4   
6 $254 2・3・4 $6 負け -$6 $248 2・3・4・6   
7 $248 2・3・4・6 $8 タイ ±$0 $248 2・3・4・6   
8 $248 2・3・4・6 $8 負け -$8 $240 2・3・4・6・8   
9 $240 2・3・4・6・8 $10 タイ ±$0 $240 2・3・4・6・8   
10 $240 2・3・4・6・8 $10 勝ち +$10 $250 3・4・6   
11 $250 3・4・6 $9 勝ち +$9 $259 4 2セット目終了
1 $259 1・2・3 $4 負け -$4 $255 1・2・3・4   
2 $255 1・2・3・4 $5 負け -$5 $250 1・2・3・4・5   
3 $250 1・2・3・4・5 $6 負け -$6 $244 1・2・3・4・5・6   
4 $244 1・2・3・4・5・6 $7 負け -$7 $237 1・2・3・4・5・6・7   
5 $237 1・2・3・4・5・6・7 $8 勝ち +$8 $245 2・3・4・5・6   
6 $245 2・3・4・5・6 $8 負け -$8 $237 2・3・4・5・6・8   
7 $237 2・3・4・5・6・8 $10 負け -$10 $227 2・3・4・5・6・8・10   
8 $227 2・3・4・5・6・8・10 $12 勝ち +$12 $239 3・4・5・6・8   
9 $239 3・4・5・6・8 $11 負け -$11 $228 3・4・5・6・8・11   
10 $228 3・4・5・6・8・11 $14 負け -$14 $214 3・4・5・6・8・11・14   
11 $214 3・4・5・6・8・11・14 $17 勝ち +$17 $231 4・5・6・8・11   
12 $231 4・5・6・8・11 $15 勝ち +$15 $246 5・6・8   
13 $246 5・6・8 $13 勝ち +$13 $259 6 3セット目が終了

※ベット額を2倍に変更後

回数 残高 数列 ベット額 勝敗 収支 終了後残高 終了後の数列 判定
1 $259 2・4・6 $8 勝ち +$8 $267 4 4セット目が終了
1 $267 2・4・6 $8 負け -$8 $259 2・4・6・8   
2 $259 2・4・6・8 $10 勝ち +$10 $269 4・6   
3 $269 4・6 $10 勝ち +$10 $279 - 5セット目が終了
1 $279 2・4・6 $8 負け -$8 $271 2・4・6・8   
2 $271 2・4・6・8 $10 負け -$10 $261 2・4・6・8・10   
3 $261 2・4・6・8・10 $12 負け -$12 $249 2・4・6・8・10・12   
4 $249 2・4・6・8・10・12 $14 勝ち +$14 $263 4・6・8・10   
5 $263 4・6・8・10 $14 勝ち +$14 $277 6・8   
6 $277 6・8 $14 負け -$14 $263 6・8・14   
7 $263 6・8・14 $20 勝ち +$20 $283 8 6セット目終了
1 $283 2・4・6 $8 勝ち +$8 $291 4 7セット目終了
1 $291 2・4・6 $8 負け -$8 $283 2・4・6・8   
2 $283 2・4・6・8 $10 タイ ±$0 $283 2・4・6・8   
3 $283 2・4・6・8 $10 勝ち +$10 $293 4・6   
4 $293 4・6 $10 負け -$10 $283 4・6・10   
5 $283 4・6・10 $14 勝ち +$14 $297 6 8セット目終了
1 $297 2・4・6 $8 勝ち +$8 $305 4 目標達成!

【検証を終えて】

感想としては…

【良い点】
・連敗時にベット額が大きく増えないのでプレッシャーが少ない
・勝率が高いのにかなり稼げるスピードが速い

【微妙な点】
・2倍ゲームも使えるが、3倍ゲームの方が威力を発揮しやすいように感じる

【不便な点】
メモが面倒。数列を書くだけなら簡単だがライブカジノでは難しい
・連敗すると成功するまでかなり時間を要する

といったところだろう。

「負けると全損のマーチンは嫌だけど稼げるタイミングが少ないパーレーもちょっと…」と言う方にぜひおすすめだ。
数列を書くのは簡単なので、まずはテーブルゲームで慣れてからライブカジノで使用するのをお勧めする。

今後も攻略法検証シリーズは続けていくので、検証して欲しい必勝法・攻略法・マネーシステムがあれば是非教えて欲しい。
よろしくお願いいたします。

" ["post_title"]=> string(118) "【Tips攻略法ラボ】モンテカルロ法がいまいちよく分からない方の為の日記【おすすめ】" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(24) "montecarlo-for-beginners" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-03 10:49:32" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-03 01:49:32" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(57) "https://onlinecasino-tips.com/?post_type=blog&p=6688" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "2" ["filter"]=> string(3) "raw" } [6]=> object(WP_Post)#2385 (24) { ["ID"]=> int(6393) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2021-09-08 09:29:58" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-09-08 00:29:58" ["post_content"]=> string(14083) "

どうも、オンラインカジノTipsライターの一色だ。 こうやって記事を書くのは3回目となる。別に肩の力を入れて書いているわけではないが、続けられるのも読者の皆様の応援あってこそです。 これからもよろしくお願いいたします。

「攻略法検証」と「プレイ日記」を交互に書くスタイルなので、3回目の今日は攻略法検証シリーズということになる。 今回の攻略法検証は、「パーレー法」だ。

【パーレー法とは?】

まず、パーレー法について説明していこう。 負けた時にベット額を倍にしていく「マーチンゲール法」よりは知名度が劣るが、これも大変有名な攻略法だ。

詳しい説明はこちらのページをご覧いただければ分かりやすいと思うが、簡単に言えば「勝った時にベット額を倍にして、負けたら元に戻す」というマネーシステムである。 マーチンゲール法とまるっきり逆の方法を取るので、「逆マーチンゲール法」という別名もある。

パーレー法のメリットとしては、「一攫千金を少ないリスクで目指しやすい」という所にあるだろう。 マーチンゲール法が「連敗すると賭け金が大きくなる」のに対し、パーレー法は「連勝すると賭け金が大きくなる」方式だ。 そのため連勝するごとに利益も倍々になっていく。しかも負けても失うのは最初の賭け金だけなので挑戦できるチャンスが多く、うまく連勝の波を掴められれば相当なプラスに持っていける可能性がある。

では、パーレー法のデメリットは何か? それは、「成功率が低く、成功しない限り絶対に利益が出ない」という点だろう。 どんな状況でも、1回負けた時点で必ず損失が出るパーレー法は、(勿論何連勝で成功と言うかによるが)かなり成功率が低くなってしまう。1回1回の挑戦コストが低くても、失敗が続くと損失は増える。

…と言うのは、攻略法の説明ページにも恐らく書かれているし、感覚で理解できる部分だと思うが、実際にプレイした時にどんな感覚なのかはあまり分からないのでは無いだろうか? と言うことで、今回も実際にプレイしてみて、パーレー法の利点・欠点についてプレイヤー視点から感じた部分を書いてみることにしよう。

【パーレー法の検証方法】

パーレー法は、自分で利確(連勝中の状態で終了すること)する連勝数を決める必要がある。 今回は「7連勝」を利確ラインに設定した。

①バカラで1ドルをプレイヤーにベットする。この時、負けたら続いても1ドルをベットする。

②1ドルで勝った場合2倍の2ドルをベットする。それでも勝ったら4ドルベット…と、連勝するたびにベット額を2倍にしていく(タイ/引き分けは同額をベット)。

③そして負けるまでベットを行う。勝つたびに1ドル→2ドル→4ドル→8ドル→16ドル→32ドルとベット額が倍々になる。途中、負けてしまうと必ず連勝で得た利益を相殺して1ドルの損失が出ることになる。

④そして、6連勝後、64ドルをベットして勝利(7連勝)した場合利確し検証を終了する。なお、種銭(200ドル)を失った場合も検証終了となる。

以上の流れで検証を行う。7連勝時の利益は127ドルとなるが、果たして7連勝出来るのか?

今回の実践カジノは「カジ旅」。「今週の神オファー」で200ドル入金したらフリースピンが350回貰えるから…なんてセコい考え方は持っていないぞ。決して。

今回はスマホ版での実践だ。ネットエントの『バカラ タッチ』で勝負を行うぞ! まずは1ドルプレイヤーにベットして…

1戦目は6-2で勝利。

前回の勝負勝利したので、次は2ドルをベットする。 バンカーは払い戻しが1.95倍なので、バカラを使うときは必ずプレイヤーにベットしよう。 ルーレットなら赤/黒・奇数/偶数など大体のアウトサイドベットは2倍なのでOK。

勘違いしがちなポイントだが、「引き分けは同額をベット」する。1ドルに戻したり、賭け金を2倍にしたりと言うことはないので注意。

負けたらベット額を1ドルに戻す。この繰り返しだ。

バンカーは不利な時大抵3枚目を引ける権利があるので、ちょっとだけプレイヤーはバンカーより勝ちにくくなっている。 プレイヤーの勝率は44.62%・バンカーの勝率は45.86%・タイが9.52%となる。

だから、タイが3連続なんてまあ出ない。計算したところ大体1200回に1回くらいらしい。そんなの良いから早く連勝してくれ!

ここでなんと、引き分けを挟んでプレイヤーの8連敗を喫する。 マーチンゲール法だと255ドルの損失(今回の検証では種銭切れで失敗となる)だが、パーレー法はずっと1ドルベットなので8ドルの損失で済む。これは嬉しい所だ。

ピンチが過ぎたあとはチャンスが訪れる。8-6で3連勝目…

7-4で4連勝。

ナチュラル8を決め5連勝! ついにあと2勝というところまで迫った。

流れを切りたくなかったので、すぐに32ドルをベット。6戦目の結果は…

1-5で負け。 5連勝で止めていればプラスで終わっていたが、今回は7連勝とかなり高いハードルを設定しているので続行となる。 どこかで1回でも失敗すれば積み上げた利益は水の泡、、、、 これがパーレー法の辛いところだ。

「1敗=マイナス1ドル」なので、かなりシンプルに負け数を計算できるパーレー法。 スタートが200ドルなので、173ドルということは27敗している計算だ。

そして迎えた28回目のチャレンジ…

なんなく4連勝を決めると…

ナチュラル8で5連勝。ここまで4連続でナチュラル勝利だ。

そして遂に、7・6・5のトリプルアタックで6連勝! パーレー法成功に王手をかける。

検証だから「7連勝」に向かってプレイしているが、実際のプレイでは「もう良いだろ」という声と戦うことになるだろう。

深呼吸して、いざ64ドルベット。勝ち切れ!

プレイヤーは「7」! これは強い! そのまま行ってくれ!!

バンカーは「1」! ということは...

7連勝達成!!

128ドルの利益獲得に成功だ。 スタート金額200ドル⇨検証終了時300ドルだったので、ちょうど100ドルの利益を出したことになる。

【パーレー法のメリットとデメリットを改めて考える】

というわけで成功裏に終わったパーレー法であるが、最初に提示したメリットとデメリットをもう一度考えてみよう。

メリットの「一攫千金を少ないリスクで目指しやすい」については、非常に実感できる部分が多かった。 8連敗しても-8ドルで済む攻略法は少ない。7連勝で128ドルの利益が出る攻略法も少ない。パーレー法のメリットを随分と味わった実践だったと言える。

そして、デメリットの「成功率が低く、成功しない限り絶対に利益が出ない」についてだが、これは結構すぐ成功してしまった(期待値だと7連勝には142回のチャレンジが必要)のでなんとも言えない。 しかし6連勝後のプレッシャーは半端ではない。行くか戻るか、決めるのは自分次第だ。「6連勝で止めておけば」「7連勝まで進んでおけば」と言った“たられば”が絶対に付きまとう。そういった誘惑から己を断ち切るのが、パーレー法の成功の秘訣とも言えるだろう。

以上、パーレー法の検証実践の記事をお送りした。 「この攻略法の検証が見たい!」と言ったリクエストがあれば、是非コメント欄に書き込んでいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

" ["post_title"]=> string(118) "【Tips攻略法ラボ】パーレー法は本当に必勝法なのか? メリットとデメリットを考える" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(12) "kensyo-paley" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-03 10:49:38" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-03 01:49:38" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(57) "https://onlinecasino-tips.com/?post_type=blog&p=6393" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [7]=> object(WP_Post)#2462 (24) { ["ID"]=> int(6128) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2021-08-17 14:42:33" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2021-08-17 05:42:33" ["post_content"]=> string(20137) "一色の挨拶

初めまして、「オンラインカジノtips」ライターの一色だ。 今月からコラムやプレイ記事を書かせてもらうことになった。

俺のプレイ日記や考察記事などがどれだけオンラインカジノプレイヤーにヒットするかは分からないが、やるからには全てのオンカジプレイヤーに刺さるような記事を書きたいと願っている。 是非よろしくお願いします。

さて、最初に扱うのは「攻略法検証シリーズ」だ。
オンラインカジノには様々な「攻略法」や「必勝法」と呼ばれるベット方法や資金管理方法があるが、果たしてどのシステムが最もプレイヤーに適しているのか? これを徹底的に検証していくのが「攻略法検証シリーズ」である。

第1回となる今回は、一番有名な「マーチンゲール法」について検証していくことにする。

【マーチンゲール法とは?】

「マーチンゲール法」とは、『負けたら賭け金を倍にして当たるまで続ける』という、とてもシンプルなベッティングシステムだ。 詳しい説明はこちらの記事を参考にしてほしい。

マーチンゲール法の最も良い所は、極限までリスクを減らして戦える所だ。 資金が底をつく、もしくは損切りラインを突破するまでに1回でも勝てれば必ず利益が出る、その圧倒的な守備力の高さは他の攻略法では有り得ない。 連勝する必要もなく、利益が出る可能性は極めて高い。

その代償として、失敗した時は全損のリスクがあり、また連勝しても利益は最小限になる、と言うデメリットもある。

「攻略法」と銘打った方法としてはかなり簡単なものであるため、「安直」というイメージを持つ人もいるかもしれない。 また、オンラインサロンなどで詐欺をするときによく使われる手法でもあり、最近はマーチンゲール法に対する風当たりが強くなっているようだ。
「マーチンゲール法はダメ、これからは○○法の時代!」
と、別の攻略法のダシにされることもある始末だ。 実際、マーチンゲール法は善なのか、それとも悪なのだろうか?

ということで、ここからは検証に入る。実際にマーチンゲール法で遊んでみて、メリットとデメリットをプレイヤー目線から考えてみることにしよう。

【マーチンゲール法の検証方法】

今回はマーチンゲール法の一つ、「5マーチン」を使って検証を行うことにする。 「5マーチン」とは、簡単に言えば「6連敗したら終了」のマーチンゲール法だ。

①バカラで1ドルをプレイヤーにベットし、勝利すれば+1ドルを獲得してまた1ドルをベットする。

②1ドルで負けた場合2倍の2ドルをベットする。それでも負ければ4ドルベット…と、連敗するたびにベット額を2倍にしていく(タイ/引き分けは同額をベット)。

③そして勝つまでベットを行う。どんな時でも勝利時はそれまでの負け額を帳消しにして1ドル獲得している。勝利すればマーチンゲールの1セットは成功し、①に戻り1ドルからリスタートする。

④ただし、(タイはカウントせず)6連敗してしまった場合はその時点で「損切り」を行って検証終了とする。今回、6連敗目にベットしている金額は32ドルなので、32ドル勝負で負けた時に損切りを行う。

⑤損切りを行わず、「30回勝利する($30を獲得する)」条件を達成した場合も検証終了とする。

以上のような流れで検証を行う。ちなみに、10回勝利したらバカラテーブルを変更する。そのため損切りしなければ3テーブルで勝負を行うことになる。

なお、今回の舞台はベラジョンカジノである。日本人プレイヤー人気No.1のオンラインカジノにマーチンゲール法は通用するのだろうか?

①Baccarat(NetEnt)

最初の10戦はネットエントのバカラ。 スタート金額は63ドル。これは5マーチンを行った時の合計金額(1ドル+2ドル+4ドル+8ドル+16ドル+32ドル)にあたるので、自動的に5マーチンが失敗したらスタート金額は全部失うと言うことになる。頼むぞ!

バンカーは当たっても1.95倍なので、必ずプレイヤーにベットする。 プレイヤーが負けたら…

プレイヤーにベット額を倍賭け。

勝ったところでベット額を1ドルに戻す。簡単なベッティングシステムだ。 しかもネットエントのバカラは、下にある「2x」と言うボタンを押すだけで賭け金が2倍されるのでとっても楽だ。 マーチンゲールのような倍賭け法が多くのプレイヤーに愛されている証拠でもある。

少し忘れやすいのが、「引き分けた時は同額をベットする」と言うことだ。 間違えて2倍にしないように気をつけたい。

7戦目。 9・9・8と相手の圧倒的な力で4連敗を喫してしまった。

4連敗後なので16ドルをベットする。 常に勝利しても1ドルしか利益がないが、(案外サクッと来る)4連敗で既に16ドルをベットするとなると心理的ダメージが大きいように思う。

なんとか相手の5を7でかわして勝利。 よしよし。

最後に5連勝を決め、10ドルプラスが出たところで第1セットは終了。

4連敗こそあったが、それ以外の部分はあまり支障もなく10ドルを獲得できた。 ちなみに戦績は10勝13敗2分、フラットベットではマイナスだったにもかかわらず利益が載せられたのは、もちろんマーチンゲール法のおかげだろう。

②MINI BACCARAT(Play’n’Go)

続いてはプレインゴーのミニバカラである。 プレインゴーといえば『ムーンプリンセス』『ゴールデンチケット』といった定番スロットゲームが有名だが、もちろんテーブルゲームも用意されている。 過去の戦績が簡単にわかるビーズロードもあり、とても親切設計と言えよう。

開幕4連勝を決め一気に流れが来る!

…しかしこれ、さっきの5連勝を含めると9連勝となるな。 例えば「パーレー法」なら9連勝すれば511ドルの利益になるが、マーチンゲールだと9ドル。 連勝の時にもそこまで配当が手に入らないのはマーチンのデメリットと言えるだろう。

さて、$8をベットして迎えた勝負もナチュラル8で負けて4連敗。 できるなら次の時点で勝っておきたいが…

なんと16ドルベットでも負けてしまった! もう後が無い…

ミニバカラでは賭け金を2倍にするボタンがないので、32ドルをきっちりベットする。 ここで負けると検証終了! 頼むぞ…

ナチュラル9!

無事64ドルを獲得。 5連敗していても1勝さえすれば必ず利益が出るのがマーチンゲールの特徴だ。成功率は他の攻略法に比べると圧倒的に高い。

通算24回目の勝負で10勝を達成し、第2セットもなんとか10ドルの利益を達成した。

せっかくなので、この第2セットの24戦をまとめた表をご覧いただこう。

回数 開始時 賭け金 勝敗 終了時
$73 $1 勝ち $74
$74 $1 勝ち $75
$75 $1 勝ち $76
$76 $1 勝ち $77
$77 $1 タイ $77
$77 $1 タイ $77
$77 $1 負け $76
$76 $2 勝ち $78
$78 $1 負け $77
10 $77 $2 負け $75
11 $75 $4 負け $71
12 $71 $8 負け $63
13 $63 $16 負け $47
14 $47 $32 勝ち $79
15 $79 $1 負け $78
16 $78 $2 負け $76
17 $76 $4 負け $72
18 $72 $8 タイ $72
19 $72 $8 勝ち $80
20 $80 $1 タイ $80
21 $80 $1 負け $79
22 $79 $2 勝ち $81
23 $81 $1 勝ち $82
24 $82 $1 勝ち $83

ピンチはあったが、なんとか6連敗を阻止し、10ドルの利益を確保できた。 対戦成績は10勝10敗4分、こちらもフラットベットであればトントンの展開ながらも利益を獲得できた。

③Japanese Speed Baccarat(Evolution Gaming)

ここまでライブカジノ以外のテーブルゲームで勝負してきたので、せっかくなのでライブバカラも試してみよう。
業界最大手・Evolution Gamingの『ジャパニーズスピードバカラ』。 一撃50,000ドルがベットできるテーブルではあるが、着実に1ドルを稼いでいきたい。

テーブルバカラよりとても詳しい過去の情報が載っているし、賭け金を倍にできる「ダブル」も備わっているのでかなり遊びやすい。

と勝負を挑むも、ガンガンプレイヤーが連戦連勝していく。 気持ちいいほどだ。

結局、16戦行ってなんと10勝3敗3分! 驚異的なスピードで10ドルを獲得した。

第3セットも成功し、30ドルの利益が出たので実戦終了とする。

【検証を終えて】
~マーチンゲール法のメリットとデメリットを改めて考える~

結果的に30ドルを獲得して成功裏に終わったマーチンゲール法だが、プレイヤー視点で感じたメリットやデメリットを見ていこうと思う。

◎安心感が段違い
流石に5連敗した時は焦ったが、1~3連敗くらいでは全くビビらなかった。 「次勝てればOK」という信頼が大きい。

◎利益の増えるスピードが速い
マーチンゲール法は勝利すれば必ず利益が出る。 どのような状況が続いても必ず「勝ち」のタイミングで1ドル入ってくるので、思っていたより増えるスピードが早かった。

△常に全てを失うリスクがある
マーチンゲール法は「決まった連敗数に達したら全てを失う」という条件が常につきまとう。 特に5連敗した時は、心理的なプレッシャーを強く感じた。

△ピンチを切り抜けても、連勝しても利益は1ドル
何連敗もした後になんとか勝利した場合でも、プラスになる分は必ず最初のベット額(今回は1ドル)である。 他の攻略法に比べて損な気持ちになりやすい。

【最後に】
~マーチンゲール法は有効な攻略法なのか?~

マーチンゲール法は負けたら全てを失うと言う条件の元、極限まで成功率を高めた攻略法である。 そのため、とにかく勝率第一!というスタンスのプレイヤーには重宝するだろう。

ただ、どんな状況でも利益は最小限なので、連勝した時に爆発力のある配当が欲しい! と言うプレイヤーは「パーレー法」など他の攻略法をおすすめする。

また、今回はベット額を1ドルスタートにしたが、最初のベット額を増やせば時間当たりの利益も増えていくので、ぜひアレンジして使ってみて欲しい。

「攻略法検証シリーズ」は、このように実際に攻略法を使ってみて、プレイヤー目線のメリットとデメリットを検証していく。 有名なベッティングシステムから難易度の高い資金管理まで幅広く取り扱うので、是非参考にしていただきたい。

" ["post_title"]=> string(121) "【Tips攻略法ラボ】マーチンゲール法を徹底検証! プレイヤー目線で利点と欠点を考える" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(17) "kensyo-martingale" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-03 10:49:42" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-03 01:49:42" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(37) "https://onlinecasino-tips.com/?p=6128" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } } ["post_count"]=> int(8) ["current_post"]=> int(-1) ["before_loop"]=> bool(true) ["in_the_loop"]=> bool(false) ["post"]=> object(WP_Post)#2379 (24) { ["ID"]=> int(8475) ["post_author"]=> string(1) "2" ["post_date"]=> string(19) "2022-04-28 18:10:03" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2022-04-28 09:10:03" ["post_content"]=> string(27539) "

どうも、一色だ。
激動の2022年、早くも1/3が経過し5月になろうとしている。
時代は移り変わる、それに乗り遅れないためには現代人にとって「時間」というものが一番大事なのかもしれない。

そんなわけで今回は、"時間効率が圧倒的に良い可能性がある"という攻略法を検証してみることにする。

「グランパーレー法」である。

「パーレー法」は、前の攻略法検証シリーズでも解説したように、勝った時にベット額を2倍にしていく方法である。
自分が決めた連勝数に達したら利確を行うため、コツコツと時間をかけて利益を増やしていくマーチンゲール法、ココモ法といった攻略法に比べ、成功時の時間効率が圧倒的に良い、という特徴がある。

グランパーレー法概要

それを踏襲する『グランパーレー法』は、なんと「勝利時に前回のベット額の2倍+αを賭ける」という攻略法だ。
パーレーですら超攻撃型のベッティングシステムなのに、それに輪をかけて攻撃力を上げるのは大丈夫なのか…という気もするが、実際に検証してみよう。

検証ルールは以下の通りだ。

インターカジノのバカラ(ライブゲームではなく、コンピュータバカラ)でグランパーレー法を利用して検証を行う
・最初のベット額は1ドル、勝利するたびに「2倍+1ドル」をベットする。負けた時点で賭け金を1ドルに戻す。引き分けは同額をベット
・6連勝を成功したら利確を行い、検証成功となる
・スタート金額は100ドル。全て使い切った時点で検証失敗となる

それでは検証開始!

検証1戦目

バンカーは配当が1.95倍になるため、全てプレイヤーで攻略法を使用する。
ノーコミッションバカラを使えばバンカーでも利用できるが、1.5倍の配当は「引き分け」と同じ扱いになるため注意しよう。

さて、プレイヤーに1ドルをベット。

初戦は敗北

スッと説明したいんだから最初は勝ってくれ!

2戦目で早速勝利

気を取り直して、次の勝負ではプレイヤーの勝利。
ちなみにこのOneTouch社のバカラはスクイーズ(絞り)を「全部」「ベットした陣営のカード」「なし」から選択できる。
時間効率を重視するなら「なし」、勝負をじっくり味わいたいならぜひ絞りをして欲しい。

グランパーレー法実践開始

パーレー法では1勝後の次のゲームは2倍のベットになるが、グランパーレーでは「2倍+1ドル」となる。つまり次は3ドルをベットすれば良い。負けたらその時点で1ドルに戻る。
「再ベット×2」に1ドルを足すだけなので、手順としては難しくない。

どうにも連勝が続かない

にしても序盤の勝てないこと勝てないこと…
なんと2連勝もできず、ベット額が3ドルから一向に増えない。ズルズルとマイナスになっていく。

未だ連勝が続かず

挙げ句の果てに、15戦目に負けてから…

連敗街道まっしぐら

21戦目まで合計7連敗
6連勝を目指しているのに先に7連敗とは、マーチンやグランマーチンなら速攻負けている。
しかし「パーレーは連敗に強い」! 負けてもずっと1ドルずつしか減っていかないから、リスクは限定的だ。

やっとのことで3連勝

しかし26戦目、やっとここで3連勝を決める!
ナチュラル9を決め、危なげなく勝利。7ドルで勝利したので、次は「7ドル×2 +1ドル」で15ドルベットだ。
なんとか4連勝を決めて欲しいが…

なかなかうまくいかない

決められなかった。まあまだ序盤戦、6連勝のチャンスはまだまだある。

こまめな連勝が続く

ここから少しずつプレイヤーが連勝し始める。6連勝への期待が高まるが…

4連勝までの道のりは遠い

その前に4連勝が遠い。15ドルベットで必ず負けてしまう。
パーレー法は一回の負けで必ず-1ドル(最初の賭け金)となるが、グランパーレー法は一回の負けで必ず「連勝数と同じ」マイナスを背負ってしまう。例えば…

連勝数
賭け金 $1 $3 $7 $15
連勝時の利益 +$1 +$4 +$11 +$26
負けた時の損失 -$1 -$2 -$3 -$4

例えば、4連勝がかかった勝負で負けた場合、($1+$3+$7)-$15 = -$4 の損が出てしまう。簡単に言えば、それまで積み重ねた勝利(◯)が全部敗北(×)に置き換わる、と考えても良い。
そのため、資金が無くなるスピードが早く、なかなか勝てないとすぐに0ドル、となる可能性が高い。

連勝が続かず検証回数ばかりが増えていく

あまりにも4連勝の勝負で負けるので、「ここで勝ったら6連勝まで行くな」と勝手に考えていた。

資金が尽きる前の最後のチャンス

そして残高も30ドルと後が無くなってきた80戦目から、82戦目までで3連勝。
ここが山場だ、頼むぞ!

ようやっと4連勝目を飾る

7-0で危なげなく勝利! これは勢いで行けるか?

起死回生で5連勝到達!

5連勝がかかった勝負では、3枚目で起死回生の「4」がそのまま決勝点になり勝利。
あと一回勝てば検証成功となる。

検証成功がかかった勝負

1ドル⇨3ドル⇨7ドル⇨15ドル⇨31ドルと続いてきたベットであるが、6連勝がかかった勝負では「63ドル」になる。
勝てば126ドルを獲得だ。頼んだぜ!

3枚目にすべてがかかる

3枚目を残して0-4と危機的な状況、3枚目に全てがかかっている…

勝利して晴れて検証成功

3枚目は「5」!
バンカーの3枚目もなんとか躱し、6連勝達成! $148を持って検証終了となった。

検証が完了したところで、85戦のデータを表で見てもらおうと思う。

回数 ベット額 勝敗 残高 回数 ベット額 勝敗 残高
$1 $99 44 $15 $60
$1 $100 45 $1 $61
$3 $97 46 $3 $58
$1 $96 47 $1 $59
$1 $97 48 $3 $56
$3 $94 49 $1 $57
$1 $95 50 $3 $54
$3 $92 51 $1 $55
$1 $91 52 $3 $58
10 $1 $92 53 $7 $51
11 $3 タイ $92 54 $1 タイ $51
12 $3 $89 55 $1 $52
13 $1 $88 56 $3 $55
14 $1 $89 57 $7 $48
15 $3 $86 58 $1 $49
16 $1 $85 59 $3 $46
17 $1 $84 60 $1 $45
18 $1 $83 61 $1 $46
19 $1 $82 62 $3 タイ $46
20 $1 $81 63 $3 $49
21 $1 $80 64 $7 $56
22 $1 $81 65 $15 $41
23 $3 $78 66 $1 $40
24 $1 $79 67 $1 $39
25 $3 $82 68 $1 $38
26 $7 $89 69 $1 $37
27 $15 $74 70 $1 $36
28 $1 $73 71 $1 $37
29 $1 $72 72 $3 $40
30 $1 $71 73 $7 タイ $40
31 $1 $72 74 $7 $47
32 $3 $69 75 $15 $32
33 $1 $70 76 $1 $33
34 $3 $67 77 $3 $36
35 $1 $68 78 $7 $29
36 $3 タイ $68 79 $1 $28
37 $3 $71 80 $1 $29
38 $7 タイ $71 81 $3 $32
39 $7 $64 82 $7 $39
40 $1 $65 83 $15 $54
41 $3 タイ $65 84 $31 $85
42 $3 $68 85 $63 $148
43 $7 $75
:38 :40 タイ:7

それでは、グランパーレー法を実践してみた感想について深掘りしてみる。

・6連勝で+120ドルというスピードの速さ
パーレー法は6連勝で+63ドルなので、攻撃力に特化したパーレー法よりも早いスピードで利益が出たのはメリットと言える。
・リスクはパーレーとあまり変わらない
連勝後に負けた時に少々マイナスが大きくなるだけなので、連敗時のリスクなどはあまり変わらない印象がある。
・手順が難しくない
勝った時に「2倍」ボタンと1ドルを押すだけなので、パーレー・マーチンと同じような手順でベット額の上下が可能だ。
・とはいえ残高が減るスピードが早い
パーレー法は「負け=-1ドル」だったところ、グランパーレー法は「利確前の勝ち・負け全て=-1ドル」となる。勝ちたければさっさと利確をする必要がある

この記事ではグランパーレーを実践してみた。
実際、パーレーを使うプレイヤーは「手っ取り早く勝ちたい」「大幅に利益を稼ぎたい」という方が多いと思うので、そういったプレイヤーには非常におすすめの攻略法と言える。

これからも様々な攻略法を検証していくので、リクエスト等ございましたら是非コメント欄でよろしくお願い申し上げます。

" ["post_title"]=> string(115) "【Tips攻略法ラボ】パーレーよりも火力の高い「グランパーレー法」を検証してみよう" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(19) "grand-parley-method" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-08-03 10:48:42" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-08-03 01:48:42" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(57) "https://onlinecasino-tips.com/?post_type=blog&p=8475" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "blog" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } ["comment_count"]=> int(0) ["current_comment"]=> int(-1) ["found_posts"]=> int(18) ["max_num_pages"]=> int(2) ["max_num_comment_pages"]=> int(0) ["is_single"]=> bool(false) ["is_preview"]=> bool(false) ["is_page"]=> bool(false) ["is_archive"]=> bool(true) ["is_date"]=> bool(false) ["is_year"]=> bool(false) ["is_month"]=> bool(false) ["is_day"]=> bool(false) ["is_time"]=> bool(false) ["is_author"]=> bool(false) ["is_category"]=> bool(false) ["is_tag"]=> bool(true) ["is_tax"]=> bool(false) ["is_search"]=> bool(false) ["is_feed"]=> bool(false) ["is_comment_feed"]=> bool(false) ["is_trackback"]=> bool(false) ["is_home"]=> bool(false) ["is_privacy_policy"]=> bool(false) ["is_404"]=> bool(false) ["is_embed"]=> bool(false) ["is_paged"]=> bool(true) ["is_admin"]=> bool(false) ["is_attachment"]=> bool(false) ["is_singular"]=> bool(false) ["is_robots"]=> bool(false) ["is_favicon"]=> bool(false) ["is_posts_page"]=> bool(false) ["is_post_type_archive"]=> bool(false) ["query_vars_hash":"WP_Query":private]=> string(32) "1204583f3bd04a4efb281b033ed784f0" ["query_vars_changed":"WP_Query":private]=> bool(true) ["thumbnails_cached"]=> bool(false) ["allow_query_attachment_by_filename":protected]=> bool(false) ["stopwords":"WP_Query":private]=> NULL ["compat_fields":"WP_Query":private]=> array(2) { [0]=> string(15) "query_vars_hash" [1]=> string(18) "query_vars_changed" } ["compat_methods":"WP_Query":private]=> array(2) { [0]=> string(16) "init_query_flags" [1]=> string(15) "parse_tax_query" } }
  1. オンラインカジノTips
  2. Tips攻略法ラボのアーカイブ

「Tips攻略法ラボ」に関連する18件の記事

オンラインカジノTips