ブックメーカーReport

日本に比べ欧米で非常に高い人気を誇るブックメーカー
海外で人気がある理由や利点などについて詳しく解説

News

ブックメーカー解説(ウィリアムヒル)

今や世界中のスポーツが賭けの対象となっている時代ですが、日本の競馬、あるいはサッカー等の公営ギャンブルや国内くじを除いては、主にブックメーカーサイトを利用して賭けを行うことがポピュラーな選択として知られています。 2024年現在ブックメーカーは数多く存在しておりますが、それぞれ特徴があって、どのブックメーカーを選んだらいいのか迷われている方も少なくないと思います。 今回は、その中でも特に人気で優秀な「ウィリアムヒル」というブックメーカーについて解説していきたいと思います。 賭け対象のスポーツが豊富 ウィリアムヒルは賭けの対象となっている競技の数が非常に多いことで知られています。 2024年現在では下記の競技に賭けることができます。 ・サッカー ・野球 ・バスケットボール ・アイスホッケー ・アメフト ・ウィンタースポーツ ・オートバイ競技 ・クリケット ・競馬 ・豪州フットボール ・ゴルフ ・自転車競技 ・水球 ・スヌーカー ・スペシャル ・政治 ・総合格闘技 ・ダーツ ・卓球 ・テニス ・ドッグレース ・バーチャルスポーツ ・ネットボール ・バレーボール ・ハンドボール ・ボクシング ・自転車レース ・野球 ・ラグビーユニオン ・ラグビーリーグ ・ラクロス ・GAAフットボール なんと33種類もの競技が賭けの対象となっています。 しかも目を疑われた方も居ると思いますが「政治」の結果も、賭けの対象となっております。 主に、選挙の結果を賭けの対象にすることが多いようですが、ウィリアムヒルではその様な珍しい賭けも行うことが出来ます。 豊富な入出金手段 ウィリアムヒルでは様々な入出金手段を用いることが可能です。 ここでは各種段について解説していきたいと思います。 1.入金手段 ① クレジットカード(Mastercard) 2024年現在ウィリアムヒルにおけるクレジットカード入金はMastercardのみ使用可能で、クレジットカード番号、所有者名、有効期限、セキュリティコードを打ち込む事で入金する事が可能です。 最小入金額も1500円と安価で、資金力に不安がある方も入金し易い手段と言えます。 ② デビットカード(VASA、Mastercard) デビットカードではMastercardの他にVISAカードも使用可能です。 クレジットカードと同様、カード番号、所有者名、有効期限、セキュリティコードを入力し入金することが出来、やはり最小入金額も1500円という安価な設定になっています。 ③ Payz(旧ecopayz) ブックメーカーの入出金手段における最もポピュラーな手段であるPayzを使用することができます。 Payzがあれば、入出金手段両方で使用可能なので非常に便利です。 利用規約に同意し、入金希望額を入力後にご自身のPayzアカウントにログインして入金処理を進めます。 こちらも最小入金額は1500円からと使い易い金額設定となっています。 ④ マッチベター こちらも有名な電子決済サービスです。 入金希望額とマッチベターに登録している電話番号を入力して、入金処理を進める事ができます。 ⑤ ApplePay なんとウィリアムヒルではApplePayを使用する事が可能です。 1500円からの入金が可能ですので、それ以上の金額を打ち込んで入金処理を進めて下さい。 2.出金手段 ここではウィリアムヒルにおける出金手段について解説していきたいと思います。 前段として、ウィリアムヒルで出金時には本人確認を求められる場合がありますので、予め済ませておく方が無難です。 本人確認では写真付き身分証明証(パスポート、運転免許証、マイナンバーカードなど)、住所確認書類(公共料金の明細、クレジットカードの明細など)、入金に使用したクレジットカード、デビットカードの表裏の写真、Payzやマッチベターが本人のアカウントであることが証明できる画像などが求められます。 ① 銀行送金 ご自身が保有している銀行口座へ出金することが出来ます。 最低出金額は10,500円で出金上限額としては1500万円まで引き出すことが可能です。 着金までに3~5営業日必要となります。 銀行名、銀行コード、支店名、支店コード、口座番号、口座名義、銀行住所の入力を求められます。 ② Payz(旧ecopayz) 入金手段でPayzを使用した場合、出金手段としてもPayzを用いることが多いと思います。 最低出金額は750円と非常に安価であり、出金上限額はなんと4000万円という高額設定と幅が広いので、出金手段として扱いやすいと思います。 出金迄の所用時間も1営業日と短時間で完了します。 ③ マッチベター 入金手段としてマッチベターを使用した場合は、出金手段としてもマッチベターを用いる事が多いと思います。 一度の出金における最低出金額は1000円であり、最高額は100万円という幅になっています。 Payzと比較するとやや出金額の幅が狭いのですが、ハイベッターでなければそこまで気になる制限ではありません。 所用時間も1営業日以内と短時間での着金が見込めます。 極めて高い安全性が担保されている そのブックメーカーが安全かどうかを見極める時に最も大事な要素としては、正式なライセンスを取得して営業しているのか?という視点と、どのライセンスを取得しているか?という点が最も大事なものとなります。 なんとウィリアムヒルは最も取得が難しいとされている、ジブラルタルライセンス、マルタ共和国ライセンス両方の認可を受けてサービスを展開しており、その情報だけでブックメーカーの安全性が担保されていると言っても過言ではありません。 日本語サポートが完備されている ブックメーカーは海外のサイトが多く、ウィリアムヒルも海外拠点のサービスではありますが、日本語でのサイト表記、日本語によるサポート対応(メール、チャット)を行っていますので、安心して利用することができます。 多様な賭けの種類や有り方 ウィリアムヒルでは賭けの対象が多いだけなく、賭けの有り方が非常に豊富です。 具体的には注目度の高い試合では、「増強オッズ」という、通常のオッズよりも高い数値を提供するサービスを行っていたり、その試合における得点者を予想する「ゴールスコアラー」を、シチュエーション(最初の得点、最後の得点、2点以上など)ごとに賭けの対象にしていたりと、賭けの種類が多様な点も特徴的です。 まとめ ウィリアムヒルでは非常に多くの競技が賭けの対象となっているだけなく、得点者など、その競技における細かい要素まで賭けの対象としている点は、ブックメーカーとしての魅力であると思います。 また入出金手段が豊富で使いやすい金額帯であること、日本語における表記、サポートなども完備している点、あるいはボーナスなどのプロモーションも充実していますので、ブックメーカーの利用を迷っている方はウィリアムヒルを選択しておけば間違いないと思います。

  • ブックメーカーBeginner
  • 2024年02月16日

ブックメーカーと法律上の扱いは国によって違う!日本と世界のブックメーカー事情

ブックメーカーはイギリス発祥で、イギリスでは裁判所に届け出を出し、審査をパスすることで運営できるようになっています。 日本からも様々な国のブックメーカーに、インターネットを使ってアクセスすることが可能で、日本語対応のブックメーカーも存在するほどです。 一方で、日本はギャンブルに対する法律が厳しい国であり、ネットを通じてでも遊ぶのは問題があるのではと考える人もいます。 今回は安全にブックメーカーを利用する上で必要な、法律の情報をまとめていきます。 日本国内ではブックメーカーは違法だが海外のブックメーカーは適用外 日本国内において、ブックメーカーを営む行為や、それに類する行為は賭博行為として法律で禁止されています。 日本はギャンブルに関する規制が厳しく、公営競技やスポーツくじ、宝くじなど公営目的の物を除き、賭け事は違法となります。 野球や相撲を対象とした賭博で逮捕者が出た事例もあり、日本国内でブックメーカーは運営できない仕組みになっているのです。 しかし、賭博を規制するための法律はかなり古く作られたもので、インターネットを経由して海外のブックメーカーで遊ぶことは想定されていません。 法改正などが行われていない以上、海外のブックメーカーを遊んでも取り締まりなどが出来ないことになります。 日本の賭博を禁じる法律は、賭けを主宰する胴元と、遊んだ人間の両方を罰することを想定して制定されているのもポイントです。 海外で合法に行われている遊びにかかわった人間を罰するのは、現在の法律の趣旨に合わないことになります。 現状、日本国内から海外のブックメーカーを遊ぶことは問題がなく、むしろ収入が増えた場合に税申告の必要が出てくるケースがあるなど、勝ってからの心配が出てくる状況となっています。 勝利金に対して税金がかかるのは競馬なども同じです。 スポーツくじの賞金は無税ですが、その分先に税金で引かれる割合が大きいなどデメリットを抱えているのも特徴です。 日本でもブックメーカー合法化の議論が存在する 日本国内でブックメーカーを営むのは法律に違反しますが、海外で運営を行っている場合は問題がないことになります。 例えば、イギリス発のネット配信メディアDAZNでは、グループを介してDAZN BETという会社を立ち上げ、欧州の一部の国でスポーツベッティングサービスを開始しています。 DAZNは日本法人も存在し、サッカー・Jリーグと2017年から28年まで総額2239億円の放映系契約を結ぶスポーツ配信大手です。 日本でのスポーツベッティングにも意欲的で、2022年末の「スポーツエコシステム推進協議会」主催のシンポジウムで、自社の放映とベッティングシステムを合わせれば費用をかけずにJリーグなどの試合に賭けられると主張しています。 スポーツエコシステム推進協議会は有識者と参加企業が100社を超えてる団体で、スポーツ関連の映像や情報配信を活用することで、スポーツ界の振興と資金の循環を行うことを活動の柱です。 シンポジウムにはスポーツ振興を担当する衆議院議員が招待されるなど、その活動規模の大きさがわかります。 これが正式に認められれば、国内でブックメーカーや、スポーツベッティングなどが合法になる可能性があるのです。 政府側関係筋は公営競技やサッカーくじ等がある上、予算などの確保が難しい関係上、積極的に受け入れられないと慎重な姿勢を見せています。 しかし、国内・国外からブックメーカー、スポーツベットの合法化について働きかけがあるのは事実です。 カジノの合法化を含むIR(統合型リゾート)も進んでいるため、ブックメーカーなどネット経由のギャンブルをどう扱うかにも注目が集まっています。 海外では国によってブックメーカーの規制や法的な立ち位置が異なっている ブックメーカー発祥のイギリスも、20世紀半ばまで様々な規制が存在する状態でした。 ただし、規制を作っても全面禁止にされない状態が続いており、1950年代に国家規模での調査が行われ、結果を受けて1960年に合法化されたのです。 イギリス人は賭け事が好きな国民性があったため、一律禁止ではなく法で定めて認可制にして、違法な賭け事をする人を減らす方向に向かったことになります。 ブックメーカーの売り上げの一部は、競馬やスポーツなど、賭けのもととなった団体や競技に還元することで運営が続けられています。 アメリカの場合はブックメーカーを含むギャンブルが規制された時代、合法化された時代の両方があり、政治や経済の影響を強く受けているのが特徴です。 アメリカに入植がはじまった17世紀初頭から、18世紀中ごろにかけて、ギャンブルに関する規制は存在しませんでした。 しかし、1769年に当時アメリカを支配していたイギリス国王が宝くじを禁止で市民に不満がたまることになり、1775年からのアメリカが独立運動を始めると、独立運動の資金源として宝くじが利用されることになります。 1783年にアメリカが独立を果たすと宝くじや賭博に関する制限が撤廃されます。 その後は、汚職や八百長問題などブックメーカーに関連する不正などが発覚すると、国単位、州単位で規制が行われたり、規制が撤廃される事が繰り返されてきたのです。 大きく流れが変わったのが2018年です。 1992年に一律で禁止になっていたブックメーカーの規制が、州ごとに法を定めて合法化できるようになりました。 現在アメリカではブックメーカーが合法の州、違法の州があり混在しています。 極端な規制を行っているのが中国で、ブックメーカーを含む海外のギャンブルに参加することがすべて禁止されています。 賭け事をしたければ経済特区でランドカジノがあるマカオなどに行くか、公営ギャンブルである宝くじやスポーツくじを購入することになるのです。 シンガポール、カナダでは民間企業ではなく公営のブックメーカーが存在するなど、国によってブックメーカーの運営方法も異なる状況です。 ネットを通じたブックメーカーの規制も存在する 国によって法律が変わるのがブックメーカーの扱いですが、ネットにおける海外サイトへのアクセスや利用にも規制が存在します。 例えば、アメリカではブックメーカーの利用自体が禁止の州、合法の州にわかれるだけでなく、ネットを通じたスポーツベットを禁止して対面の身に限定している州も存在するのです。 自州でブックメーカーを認めれば、ブックメーカーの収益の一部は税収として州政府に納められることになります。 ネットを利用して自由に賭けられるようにすれば、それだけ税収にも大きな影響を与えることになります。 同様の利用で海外のブックメーカーの利用自体を規制する国も珍しくなく、海外から銀行への入金や送金の実態が厳しくチェックされ、ブックメーカーの利用が判明すると処罰されるようなケースもあるのです。 規制が厳しい国の国民の会員登録自体を禁止しているブックメーカーも存在しますが、日本在住の日本人はほぼ自由に遊べる状態になっています。 国による法律の違いは大きいがブックメーカー解禁に動く国も多い ブックメーカーは、自国で禁止しても海外のブックメーカーをネットで遊ぶなど、様々な選択肢がある状況になっています。 完全な規制や禁止をするのが難しい都合上、部分的に解禁するなどして税収を得つつ、違法なギャンブルを減らそうという国が増えています。 規制のかけ方国によって異なり、アメリカに至っては州ごとに異なる状況です。 日本国内ではブックメーカーは合法になっていないものの、ネット経由でブックメーカーを遊ぶ自由度は高く、ネット経由の規制もほぼない状態になっているのです。

  • ブックメーカーTips
  • 2024年02月14日

ブックメーカーの歴史は意外と古い?!競馬から広がりスポーツや政治まで賭けの対象に

ブックメーカーの始まりは1790年に遡るとされ、最初はイギリス競馬で独自のオッズをつけて運営されることから始まりました。 初期は競馬の歴史や趣旨にそぐわないなどの声があったものの、その範囲と規模を拡大させていき、イギリスでは1960年には法律で認められるようになります。 アメリカでは2018年にブックメーカーを利用したスポーツベットが解禁され、20週以上でブックメーカーが合法化されるなど、世界各国に広がっているのです。 18世紀末にイギリス競馬から始まったのがブックメーカー ブックメーカーはイギリス競馬の歴史と密接に結びついています。 イギリスでは12世紀には初めての競馬が行われ、1539年(1540年という説有り)に常設の競馬場が誕生し、18世紀に入ってからは様々なルールや血統書の刊行など、近代競馬の基礎が整行きました。 貴族の娯楽や名誉を競う場だった競馬が、馬主がお金を出し合って賞金を奪い合うステークス形式に移り変わっていったのも18世紀に入ってからです。 1776年にイギリスセントレジャーステークスが成功を収めると、その流れが決定的になります。 ブックメーカーの誕生は1790年にウィリアム・オグデンらが出走馬にオッズをつけ、賭博を行ったのがブックメーカーの始まりとされています。 個人が行う賭博はそれ以前にもあった可能性はあるものの、競馬主催者とは別の企業が独自のオッズをつけて賭けを行うという事例は初めてだったのです。 当然、競馬の主催者や馬主側からすれば収益がプラスになるどころかマイナスになる可能性がある他、競馬の歴史や趣旨にそぐわないなどといった反発が起きました。 イギリス政府も様々な規制を打ち出していくことになりますが、抜け道も多く、完全な取り締まりには至らない状況が続くことになります。 最終的な結論は1950年代の国家規模のギャンブルに対する調査にゆだねられることになり、1960年には調査結果を受けてブックメーカーが解禁されるようになったのです。 現在は裁判所に届け出を出し、認可を受ければ企業が合法でブックメーカーを営めるようなり、法律に基づいて管理が行われています。 競馬以外にも広まっていったブックメーカーの賭けの対象 イギリス競馬から始まったブックメーカーの歴史ですが、勝敗や着順を争うスポーツは競馬以外にもあります。 ブックメーカーを規制するべきか、合法とするべきかという議論が行われ、法整備などが検討されている間にも賭けの範囲は広がっていきます。 わかりやすいのがプロスポーツです。 サッカーなどを対象にどちらが勝つか、何点とるか、トーナメントであればどこが優勝するかなどが賭けの対象になっていきます。 さらに、プロスポーツに限らず、大学スポーツや、選挙においてどの政党が勝つか、だれが首相や大統領になるかといった範囲にまで広がっていき、ブックメーカーは競馬以外の様々な賭け事が行われるようになったのです。 新聞や雑誌などの媒体を使って投票を募り、ブックメーカーは成長を遂げていきます。 競馬だけでなく、様々なスポーツや人々の関心の集める政治の動きなども賭けの対象としことによって、イギリス国民によって親しみやすい状況が出来たという見方もあります。 1950年代のイギリスの調査結果にも影響を与えた可能性があり、多くの人がブックメーカーに親しみ、一般化していたことは見過ごせない要素と言えます。 イギリスのブックメーカーは、公営競技やスポーツくじなどを除く賭博行為を禁じてきた日本とは大きく違う流れで進化してきたのです。 イギリスのブックメーカーの現在 イギリスでのブックメーカー市場は調査機関によって異なるものの、約5000億円以上の規模と言われています。 イギリスのブックメーカーは認可制で、裁判所に届け出を出し、厳しい審査をクリアした企業や団体のみが営業を行う権利を得ます。 認可を得たブックメーカーは、『Independent Betting Adjudication Service(IBA)』という団体に加盟し、その信頼性を増すための様々な工夫を行っているのがポイントです。 イギリスにおいてIBAに加盟していないブックメーカーは、法的根拠が薄い、信用できないブックメーカーと扱われてしまうのです。 海外からイギリスのブックメーカーを遊ぶ際は、IBAに加盟しているかどうかをチェックするのも一つの基準となります。 イギリスでのブックメーカーの浸透度合いを示す数字は、イギリス競馬の市場規模を見ると一目瞭然です。 イギリス競馬の馬券の売り上げは2019年のデータでブックメーカーが約99%、残り1%を競馬を主催する団体などが占めると言われています。 これは税金などを介さずに賭けられるブックメーカーの方がベット時のオッズが高く、還元率も高くなるためです。 1%しか利益を得られないのであれば競馬自体が維持できないと判断されそうですが、ブックメーカーはイギリス政府外公共機関を通し、売り上げの一部を賦課金という形で競馬界に収めています。 ブックメーカーの利益も競馬業界の利益になるからこそ、高額な賞金や、競馬場の整備といった様々な仕組みが維持できているのです。 世界のブックメーカー市場と代表的な国 ブックメーカーはイギリス発祥ですが、スポーツを賭けの対象にすること世界各地で行われてきました。 一方で、多額のお金が動くことで八百長問題が起きるなどトラブルに発展するケースも珍しくなく、各国で規制を行う、あるいは条件付きで合法化するなど歴史による変遷があります。 国際刑事警察機構の発表によると、近年のブックメーカー市場は約330兆円と言われています。 国際刑事警察機構が調査を行っているのは、非合法な賭けが行われている可能性もあるためです。 日本の場合は公営競技やスポーツくじ、宝くじなどを除くギャンブルは禁止されていて、民間のブックメーカーなども存在しません。 アメリカは『1992年連邦プロ・アマスポーツ保護法(PASPA)』でスポーツベットが禁止されていましたが、2018年にブックメーカーを介してスポーツブックを行うことは解禁されることになります。 個人間で賭けを行うことは禁止されていても、法律上の許可を得たブックメーカーを介してスポーツベットを行えるようになったのです。 アメリカは州ごとに法律が異なり、2021年時点では20州以上がブックメーカーを合法としています。 シンガポールやカナダでは、公営のブックメーカーのみが営業を許可されていて、国によって民営か、公営かもわかれる状況になっているのです。 他にも南米やアジア圏で、ブックメーカーを許可制にする国や、一部合法とする国があります。 ブックメーカーは世界に広がっている ブックメーカーはイギリスで民間から誕生し、150年以上の年月をかけて賭けの対象を広げながら、合法のギャンブルに成長していきました。 この流れは世界各国に波及し、アメリカのように近年になって解禁するケースも存在します。 これはインターネットの普及で海外のブックメーカーを利用することが簡単になり、違法としても取り締まることが難しくなっているという実情もあります。 規制を無理にかけるよりも、合法化して税収に変えたり、認可制にして法律で取り締まれるようにした方が良いという考え方が浸透しつつあるのです。 財政改善のためにブックメーカーやギャンブルの合法化を進める国は珍しくなく、日本でもギャンブルに対する法律が変わりつつあります。 今後も世界各地でブックメーカーが誕生し、ネット経由で世界中からアクセスできるようになるなど普及が進む可能性があります。

  • ブックメーカーとは?
  • 2024年02月12日

ブックメーカーとは何?スポーツを賭けに出来る理由と利用の仕方

ブックメーカーはイギリス発祥のギャンブルの一つで、世界中のスポーツの試合結果や選挙の勝敗など、様々なものを賭けの対象としています。 裁判所にとどけ出を出し、認可された業者(メーカー)が賭けを主宰し、オッズなどを決めて運営されています。 日本の公営競技やオンライカジノなどで行われるスポーツベットと異なり、賭けの対象が広く、様々な選択肢があることが魅力です。 イギリス発祥で法律上も認められているのがブックメーカー ブックメーカーはイギリス発祥で、法律で認められた業者が様々なスポーツや物事を賭けの対象にしています。 その歴史は古く、18世紀後半にまでさかのぼると言われています。 ネットが普及するまでは台帳(ブック)にオッズなどの様々な情報を記入し、賭けを行っていたことブックメーカーと呼ばれるようになりました。 日本の公営競技やスポーツくじと異なり、民間業者が運営しているのも特徴です。 ブックメーカーのユニークなところは、スポーツの勝敗だけでなく、選挙の勝敗や、ノーベル賞をだれがとるかといった、様々な内容でギャンブルが行われていることです。 かつては競馬の場外や、雑誌や新聞などの文字媒体を中心にブックメーカーが活動しましたが、ネットの普及によって世界各地からアクセスできるようになっています。 日本からのアクセスも例外ではなく、日本語対応のブックメーカーもあるためかなり使いやすくなっています。 ブックメーカーとスポーツベットの違い ブックメーカーはスポーツをメインに賭けの対象としているため、オンライカジノ等のスポーツベットと何が違うのかと疑問に思う人もいるはずです。 ブックメーカーはスポーツを対象とした賭けだけでなく、賭けを取り仕切る企業なども指しています。 イギリス以外にもアメリカの一部の州ではブックメーカーが合法となっており、シンガポールやカナダなど一部の国では公営のブックメーカーも存在します。 スポーツ以外のジャンルも賭け事に出来るブックメーカーも多く、ただスポーツに対して行われる賭け事だけでなく、より広い範囲を含んでいるのが特徴です。 一方のスポーツベットはオンライカジノや、ブックメーカーを介した賭けを指し、より狭い範囲で使われます。 特徴的なのは、ブックメーカー・スポーツベットの還元率の高さです。 ブックメーカーの還元率(ペイアウト)は94%以上と言われ、場合によっては還元率が100%を超える場合があります。 ブックメーカーは事前にオッズを提示し、賭けられた金額によってオッズの調整を行っていきます。 日本の公営競技などで採用されているパリミュチュエル方式と異なり、手数料や税金などを取らずに最終締め切り時のオッズに応じて払い戻しが行われるため、賭けを主宰したブックメーカー側が損をするということもあり得るのです。 ブックメーカーは損失を防ぐために、多くの賭けを作り、場合によっては他のブックメーカーに賭けて万が一に備えています。 特に、ワールドカップや国を代表する注目度の高いスポーツなどは、数か月前からオッズが提示され、細かくオッズを変動させることでバランスがとっています。 ブックメーカーと日本の公営競技やスポーツくじの違い ブックメーカー側は自身が提示したオッズで損をするのを防ぐため、様々なスポーツなどを賭けの対象とし、平均して数%儲かるように細かな設定を行っています。 一方で、日本の公営競技やスポーツくじの場合、必ず胴元が儲かるように出来ています。 これは公営競技やスポーツくじはスポーツや産業、福祉のための財源確保に行われているもので、必ず税金を差し引いた上で配当が行われるためです。 仕組み上、公営競技の最終的なオッズが決まるのは投票を締め切ってからで、スポーツくじの場合は的中者が多い場合は一人当たりの分配額が少なくなる仕組みになっています。 日本の公営競技の還元率は80%前後で、競馬や競輪、オートレースなどで若干違いがある他、還元率の見直しを含んだ改正が行われることがあるのも特徴です。 同じスポーツを利用したギャンブルでも還元率に大きな違いがあり、ブックメーカー・スポーツベット、公営競技やスポーツくじの分類が分けられる一因となっています。 日本からブックメーカーを利用する方法 日本でブックメーカーを利用する場合、インターネット経由でアクセスすることになります。 ブックメーカーの運営は例外なく海外ですが、日本語対応のブックメーカーを選べば言葉の壁を気にすることがなくなります。 ブックメーカーは無料で会員登録を行い、試合などに賭け、的中させたら賞金を引き出すという使い方が基本です。 登録が有料のブックメーカーは詐欺サイトの可能性があるため、避ける必要があります。 会員登録に必要な情報はブックメーカーによって異なり、住所などの情報を求められるもの、メールアドレスとパスワードだけでいいものもあります。 注意したいのは、住所などの情報を求められた場合、正確に情報を入力する必要があることです。 住所情報などは不正な勝利金の出金を防ぐため、本人確認のために利用されるからです。 出金時にKYC(本人確認)を求めるブックメーカーは多く、本人確認書類の提出などを通じて確認が取れれば出金出来るようになります。 出金手続きを行う時に情報が一致しないと、出金が出来なくなる恐れがあります。 住所情報などは後から入力するようにして気軽に遊べるようにするか、先に入力して出金時の手間を減らすかはブックメーカーによって異なるのです。 ブックメーカーの入金方法は様々あり、銀行入金やクレジット入金に対応しているケース、海外向けの送金サービスや、電子決済サービスに対応しているケースがあります。 仮装通貨の入出金に対応しているブックメーカーもあるため、自分が入出金しやすいブックメーカーを選ぶのがおすすめです。 クレジットカードで入金を行い、手数料の節約のために電子決済サービスを経由し、日本の銀行に出金するといった方法もあります。 日本の銀行へ直接出金できない場合や、銀行手数料が大きい場合は各種サービスを併用した方が便利に利用できます。 また、ブックメーカーによって賭けの対象やオッズ、同じサッカーやバスケットボールなどの試合でもどこまで細かく賭けられるかが変わってくるのもポイントです。 当てる条件が厳しいほど的中させた場合の配当は高くなるため、一獲千金狙いや、大穴狙いといった賭け方も出来るようになっています。 ブックメーカーはイギリス発祥の合法ギャンブル ブックメーカーは主にスポーツを賭けの対象としたギャンブルを楽しむことが可能で、イギリスをはじめとした海外の企業、一部の国では公営組織が運営しています。 日本の公営競技などと比べて還元率が高く、胴元が損をする可能性があるのが特徴です。 ネット経由で海外のブックメーカーを遊ぶことが可能で、簡単な情報登録とクレジットカード入金などで好きなスポーツにベットすることが出来ます。 ただし、不正な出金を防ぐため、住所登録や本人確認書類の提出を求められることが一般的で、虚偽の情報登録やいたずら目的の利用は厳禁となります。 公営競技やサッカーくじ等と異なり、日本国内だけでなく世界各地のスポーツや多彩な物事を賭けの対象に出来るのは魅力です。 日本人向けのサービスを展開するブックメーカーもあるため、非常に親しみやすい存在になっているのです。

  • ブックメーカーとは?
  • 2024年02月09日

<< 過去の記事はこちら

オンラインカジノTips