カジノをすぐに始めたい・稼ぎたい方必見
誰でもカジノで稼ぎ易くなるコツを徹底紹介

Online Casino Tips
Online Casino Tips
  1. オンラインカジノTips
  2. ブログ
  3. Tips攻略法ラボ
  4. 【Tips攻略法ラボ】「フィボナッチ数列法」の2パターンの使用法を徹底検証!

【Tips攻略法ラボ】「フィボナッチ数列法」の2パターンの使用法を徹底検証!

どうも、一色だ。

月の初めの記事は「攻略法検証シリーズ」。
これまでマーチンゲール法、パーレー法、ココモ法など有名なものを検証したため、今月はどんな検証をしようかと思っていると…
読者の方からリクエストが届いた。ありがとうございます。

「フィボナッチ数列法が簡単そうに見えて、いざやるといくら賭ければよいのか分からなかったので、検証お願いいたします」

なるほど。フィボナッチ数列法か…

当サイトでは説明していないベッティングシステムなので、詳しく説明していこう。

まず、「フィボナッチ数列」をご存知だろうか? これは、「前の数字とその前の数字を合わせた数」が次の数字になる数列のことだ。
例えば、1個目の数字が「1」、2個目が「1」の場合、3個目の数字は「2」になる。4個目は1+2=3、5個目は2+3=5、という具合だ。
フィボナッチ数列を図解で見てみよう。

フィボナッチ数列法の図解

図の通り『1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55 …』と続くが、この最初の「1」がスタートのベットになる。

そして、『フィボナッチ法』には2通りのパターンがある。

フィボナッチ数列法の2通りのパターン

つまり、前者のパターンであれば勝つたびにベット額が増えていき、その分利益も増えていく(緩いパーレー法に近い)。
後者のパターンは負けるたびにベット額が増えていくので、ディフェンス力が高い(緩いマーチンに近い)。

正直俺もあまり使ってこなかった攻略法なので、これを見た時の第一印象は…
「いや、勝った時一択じゃね?」
であった。

というのも前者の場合のメリットは、「大きく連勝した後、負けてもある程度の利益が残る」という点。負けると全てを失うパーレーと違い、ある程度保証されている。
そういう意味では、後者のデメリットは「大きく負けると取り戻すのが難しい」ことにある。
勝利しても最初のベット額しか利益を積めないのに、大連敗すると大幅な損失を喰らうわけだから、あんまり意味のない攻略法では… そんな第一印象だった。

しかしこれは攻略法検証。どちらもやってみよう。

【検証開始】

今回の実戦カジノはベラジョンカジノ。スタート金額は$200である。

花路野三丁目

今回は日本語を話すディーラーがゲームを進める「花路野三丁目」のスピードバカラで検証する。良い意味でとてもほのぼのとしていて平和なテーブルだ。逆に言えばここで50,000ドルの勝負をするプレイヤーはいないだろう。

しかしこのディーラーはどこでディール経験を積んだのだろうか? ディーラー養成学校とか? 詳細をご存知の方がいらっしゃるなら、こっそりコメント欄で教えてください。

最初のベット額は「10ドル」から始めることととする。

10ドルの場合の推移

10ドルの場合の推移は最初に挙げた上の数列に「0」をつけるとわかりやすい。

早速の2連勝

幸先よくプレイヤーが2連勝。次の数列は「20」なので…

20ドルベット

20ドルをベットする。

負けたら1番目に戻る

負けてしまったらベット額を10ドルに戻す。手順さえ間違えなければ簡単な部類だろう。

…しかし、少しばかり実践してみた結果ある気付きを得る。

1回目のベット

このシステムベット、とっても利益を出しにくい!

勝利時・敗北時それぞの流れ

1勝目で10ドル、2勝目でも10ドルの利益が出るが、3戦目は20ドルをベットするため、3回目で負けた場合は利益が出ないのだ。
3連勝して初めてプラスになる。

トントンとなる図

だから勝勝勝勝のようなニコイチだと、1ドルもプラスにはならない。

負けた時のリカバリーが大変

また、2連敗すると取り戻す手段がないため、1敗ごとに必ず10ドルの損失が発生する。
「利益には3連勝が必要、損失は2連敗から」という歪な構造なので、苦戦を強いられた。

勝てばよかろうなのだ

しかし、逆を言えば3連勝以上の利益は加速度的に増えていく。3連勝で40ドルを獲得…

加速度的に利益が増えていく

4連勝で60ドルを獲得。

利益増大のスピードは止まらず

いつの間にかディーラーが代わっている5戦目、50ドルをベット…

負けても利益確保

これは負け。しかし50ドル負けてもなお一連の勝負で20ドルの利益を確保だ。

先程の負けが悔やまれる

するとまた4連勝。
もし真ん中のバンカー勝利もプレイヤーに軍配が上がっていれば9連勝となり、760ドルの利益を手にする。10戦目で負けたとしても210ドル残る。
これこそフィボナッチ法の利点といえよう。

ここで一旦終了

4連勝後のゲームを外し、次のゲームも外したところで200ドルに戻ったためここで一旦実践を終了する。

結果をまとめた表を見てみよう。

回数 開始時 ベット額 勝敗 終了時
$200 $10 $210
$210 $10 $220
$220 $20 $200
$200 $10 $210
$210 $10 $220
$220 $20 $200
$200 $10 $210
$210 $10 $200
$200 $10 $210
10 $210 $10 $220
11 $220 $20 $200
12 $200 $10 $190
13 $190 $10 タイ $190
14 $190 $10 $200
15 $200 $10 $210
16 $210 $20 $190
17 $190 $10 $180
18 $180 $10 $170
19 $170 $10 $180
20 $180 $10 $190
21 $190 $20 $170
22 $170 $10 タイ $170
23 $170 $10 $180
24 $180 $10 $190
25 $190 $20 $210
26 $210 $30 $240
27 $240 $50 $190
28 $190 $10 $200
29 $200 $10 $210
30 $210 $20 $230
31 $230 $30 $260
32 $260 $50 $210
33 $210 $10 $200
:19 :12 タイ:2

19勝12敗とかなり強かったにもかかわらず、結果は±0ドル
これではフラットベットの方がよっぽど良い(というより、ある意味でフラットベットは最強だ。最弱でもあるが)
2連勝で利益が取れないのは結構キツい… ということで、次は敗北時にベット額を増やしてみよう。

敗北時にベット額を増やす検証

同じくバカラで勝負する。プレイヤーに10ドルをベット…

3戦目にして負けたのでここから数列が進む

幸先よく2連勝を収めた後、バンカーの猛攻が始まったことで数列が進み始める。
数列の進捗開始後3戦目、20ドルベットを外し3連敗。

4戦目も敗北

次戦の30ドルを外し4連敗。

敗北の連鎖が続く

50ドルベットを外し5連敗。これで残高は100ドルに!

検証続行の瀬戸際まで来てしまう

続いて80ドルベット。
ここを外すと次がベットできないため検証は失敗となる。頼む…

首の皮一枚つながり命拾いする

なんとかナチュラル9を決め勝利。160ドルをゲットした。

ここで一連の損失を計算すると…
勝利:80ドル
敗北:10ドル+10ドル+20ドル+30ドル+50ドル=120ドル
ということで-40ドルのマイナス。

5連敗しても-40ドルで済んでいるのはメリットか?

2連勝以降は勝つだけ利益が出る

そして嬉しいことに、このベット方法では2連勝から利益が出る!
ベット額は変わらないので10ドルフラットの利益になるが、それでもかなり嬉しい。

2連敗で抑えれば損失は出ない

そして3連敗する前に勝てば損失は出ない。
「利益は2連勝から、損失は3連敗から」になるため利益の出るタイミングがそこそこ多い。

大負け分をこまめに回復

そして、5連敗のあとは大したドラマもなく残高が回復し…

初期額にまで復活したので検証終了

本来20ドルベットの所を間違って10ドルベットにしてしまい、ちょうど残高が200ドルに。
キリが良いのでここで検証を終了する。

結果をまとめた表を見てみよう。

回数 開始時 ベット額 勝敗 終了時
$200 $10 $210
$210 $10 $220
$220 $10 $210
$210 $10 $200
$200 $20 $180
$180 $30 $150
$150 $50 $100
$100 $80 $180
$180 $10 $170
10 $170 $10 $180
11 $180 $10 $170
12 $170 $10 $180
13 $180 $10 $190
14 $190 $10 $180
15 $180 $10 $190
16 $190 $10 $180
17 $180 $10 $170
18 $170 $20 $190
19 $190 $10 $200
20 $200 $10 $210
21 $210 $10 タイ $210
22 $210 $10 $200
23 $200 $10 $210
24 $210 $10 $200
25 $200 $10 $210
26 $210 $10 $200
27 $200 $10 $210
28 $210 $10 $200
29 $200 $10 $190
30 $190 $20 タイ $190
31 $190 $10 $200
:14 :15 タイ:2

14勝15敗
負け越し、かつ5連敗を喫したがなんとかトントンまで持ってこれた。

【検証を終えて】

2つのシステムベットについて調査してきたが、結論としては…

「勝ちやすさ」重視なら「敗北時に増やすフィボナッチ」
「連勝勝ち逃げ」を目指すなら「勝利時に増やすフィボナッチ」

を選ぶのが良いだろう。

2連勝するか、3連敗するかは確率にしておよそ倍の開きがある。3連敗する確率の倍2連勝できるわけで、損失が出る確率はかなり低いと言える。

そして、勝利時のフィボナッチは連勝を目指す…というより「連勝勝ち逃げ」を目指す方が良い。
例えば4連勝でも利益は70ドル出る、5回目の勝負では勝利で+50ドル・敗北で-50ドル。負けると20ドルしか残らない。
そのため、「ある程度連勝したら終了」と決めておくのが良いだろう。

今回は読者の方のリクエストで攻略法を検証させていただいた。
「この攻略法を検証してほしい」というリクエストがあれば、是非コメント欄で教えてください。
「私のオリジナル攻略法」でも…検討します?

お気軽にコメントお寄せください

コメントを残す

ユーザー画像

コメント

King of 暇人
2022.3.15 8:55 PM

え、リクエストが採用されている…!?
(勘違いなら恥ずかしいww)

一色さん┏○))アザ━━━━━━━━ス!

一色
2022.4.7 12:51 AM

>>king of 暇人 さん
コメントありがとうございます。勝手ながら採用させていただきました。今後ともリクエスト等ありましたら是非おっしゃって下さい!

あわせて読みたい