1. モンテカルロ法
  2. 攻略法
  3. オンラインカジノTips

必勝攻略法その4 / モンテカルロ法

更新日:2015.09.01/公開日:2013.05.01

ひらめき実績はお墨付き モンテカルロ法

 これまでご紹介してきたものも含め数あるカジノの攻略法の中で、異色の輝きを放っているのがモンテカルロ法です。

 この方法が他の攻略法と異なっていると言われる理由としては、他の攻略法と同じく『有用な攻略法』とただ呼ばれているだけではなく、
実際にあるヨーロッパのカジノを過去に破産させた
という目に見える形での実績、攻略法の有用性の証明がされているといわれている点です。

 尚、この方法は基本的にココモ法と同じ”倍率が3倍以上あるゲーム”に適した方法です。

 また、一般にモンテカルロ法と呼ばれ・用いられる方法としては2種類存在しているので、その両方について掲載したいと思います。

A:数字順の配列の場合

回数1回目2回目3回目4回目5回目6回目
数列1・2・31・2・3・41・2・3・4・51・2・3・4・5・63・43・4・5
賭け金456778
手出し額491522816
勝敗××××
配当00021024
収支-4-9-15-1-8+8

B:ベット額の配列の場合

回数1回目2回目3回目4回目5回目6回目
数列1・2・31・2・3・41・2・3・4・51・2・3・4・5・63・43・4・7
賭け金4567710
手出し額491522818
勝敗××××
配当00021030
収支-4-9-15-1-8+12

 

モンテカルロ法のやり方は以下の通りです。

 

○Aの方法
・まず始めに最小単位の賭ける額(nとする。上図の場合で言えば$1)を決めます。
・その後、最小単位の2倍・3倍の3つの数字からなる数列を作って、数列の両端を足した値の分だけチップを賭けます。
・負けた場合は負けた時点での数列の最後尾の値にn加えた値を数列の最後尾に追加し、その後再度数列の両端を足した値の分だけ賭けます。
・勝った場合は数列の両端から2つずつ削除し、残った数列の両端の合計値と同じだけ賭けます。

○Bの方法
・まず始めに最小単位の賭ける額(上図では$1)を決めます。
・その後、最小単位の2倍・3倍の3つの数字からなる数列を作り、数列の両端を足した値の分だけチップを賭けます。
・負けた場合は最後に賭けた額を数列の最後尾に追加し、その後再度数列の両端を足した値の分だけ賭けます。
・勝った場合は数列の両端から2つずつ削除し、残った数列の両端の合計値を同じだけ賭けます

※青太字の部分がA/Bそれぞれの手法の大きな要点・違いになります。

それぞれの手順を繰り返して、最終的に
数列内に数字がなくなった場合(フロー図内の※1)
数列内の数値で足し算をすることが出来なくなった(数値が1つだけ残った)場合(フロー図内の※2)
にはそこで終了となり、その時点で儲けが発生します。

このような形で、モンテカルロ法はこれまで紹介してきたマーチンゲール法ココモ法みたいに
『1度の勝ちで(それまでの負けを覆して)儲けを生み出す』
方法とは大きく違ってて、
『一通り流れ(フロー)が終了した時点のトータルで儲けが出る』
方法であり、この点もモンテカルロ法が他の攻略法とは異なってる点でもあります。

ひらめきモンテカルロ法の注意点とメリット

モンテカルロ法の注意点とメリット

 モンテカルロ法は上に書いたように
・”倍賭け法”であるマーチンゲール法やパーレイ法のように賭け方が単純じゃない
・『ベット額を計算する時には足し算を使う』という点でココモ法と似ている
という特徴があります。

 けれども、
1:ココモ法よりも計算方法は複雑
2:それまで賭けた履歴が大事になってくる
3:1度勝っただけでは終了しない(儲けが出るとは限らない)こともある
と言う点を考えると、例えばカジノ以外ででも
「履歴を残しつつ、計算を重ねていく」
ということをするのはカジノに限らず普通に考えてみても記憶だけでは正しいかどうか不安や心配になるということはあり得る事だと思います。

 ましてやモンテカルロ法の場合、上の説明を見ればわかる通り
『「負けが続けばそれだけ数列は長くなっていく」&「その数列を記憶したまま、前後の足し算ベットを正確にし続ける」』
というのは無理があると言えます

 このような場合
記憶するのが無理なら、何かに書き残せばいい
あるいは、
筆記具でなくとも、スマートフォンや携帯などを使えばいい
と思う方も当然出て来ると思いますが、
「ラスベガスやマカオなどのランドカジノに筆記具持参のプレイヤーがわんさかいる」
ような光景が思い浮かぶ人など居られないと思いますし、また
「現実的な問題としてランドカジノ内でスマートフォンなどを使用したりすることは(不正を防ぐ理由などから)敬遠されがちである」
といった理由から、実際にランドカジノでモンテカルロ法を正確に実践しようとするのは非常に難しいのが実情です。

 しかし翻ってオンラインカジノで使用することを想定した場合、モンテカルロ法を使う・使わないにかかわらず、
『好きな場所で好きな時に自分のペースでプレイできる』
というのがウリでもあるので、周りの目や場の雰囲気を気にすることも、また周りに止められることなく自分の好きな方法でプレイできます。

 以上のような理由・背景から、モンテカルロ法はランドカジノよりも寧ろオンラインカジノでこそ使いやすい方法だと言えます。

ひらめきどこよりも日本人に最適なカジノ

ジパングカジノは24時間年中無休の日本語サポートと言う、どこよりも日本語対応に優れたカジノです。
一昔前と違い、日本語への対応を謳うカジノは増える傾向にありますが、殆どのカジノが【時間制・特定の時間に限っての日本語対応】であることを考えると ジパングカジノは一歩も二歩も先行くカジノと言えるでしょう。

そのような点を鑑みるに日本人が一番安心してプレイできる、どこよりもお勧めできるカジノと言えます。

どこよりも日本人に最適なカジノ
ジパングカジノ

gotoTop